足元にちょっとしたおしゃれを♪おすすめのスクールソックスをご紹介!


 

女の子にとって大切で、

優先順位の高いものといえば、そう「おしゃれ」です。

 

しかし、多くの学校では制服が決めらており、

更に校則でも縛られているため、

なかなかおしゃれが出来ないですよね。

 

でも、

やっぱり女の子にとってどんな状況であっても、

例え制服であってもおしゃれしたいのは同じです。

 

そこで、注目したいのが足元のおしゃれです。

足元の洒落といえば、

「靴」を思い浮かべる方も多いと思います。

 

しかし、靴以外にも足元でおしゃれする方法があります。

そう、それは「ソックス」です。

 

一般的に、学校の制服をイメージして造られた

デザインの靴下を「スクールソックス」といいます。

 

そこで、今回はオススメの

スクールソックスをご紹介していきます。

SPONSORED LINK


スクールソックスとは?

早速ですが、本題に入っていきます。

と、言いたいところですが

どのような物が一般的にスクールソックスと呼ばれているか

先にちらっと予習していきましょう。

 

スクールソックスとは、下の写真のようなものです。



これです。良く中学生や高校生がはいている

いたって変哲のない靴下です。

 

では、他の靴下と何が違うのでしょうか?

基本的に、「素材」「無地」というところです。

普通の靴下とは違い、縦に波(線)が入っているため、

蒸れにくく爽快感の感じられる物になっています。

 

また、基本学校の校則で「無地を基調としたもの」

と書かれている場合が多いので、

紺、黒、白で無地がベースになっているものを

一般的に「スクールソックス」と呼んでいます。

 

スクールソックスってなぜか、

はき心地がいいですよね。

 

 

オススメのスクールソックスは?

はい、お待たせしました。

前置きが長くなりましたが早速ご紹介していきます。

 

【選ぶコツ】

はい、これですよ。

「長さはどれぐらいのものがいいのか」

「色はどんなものがいいの?」など様々な疑問がわいてきますよね。

 

それでは、簡単にまとめてみたので、みていきましょう。
紺、黒
長さ ひざ下5~10cm程度
ワンポイント お好みで
 

このような感じになります。

まず色に関しては、白は膨張色ですので

足が太く見えてしまうというマイナスになるため

極力避ける事をお勧めします。

 

また、制服の多くは

「紺」で出来ている場合がほとんどですので、

そこだけ白だと更に太く見えてしまいます。

なので、落ち着いた「紺」「黒」をお勧めします。

 

長さに関しては、

スカートの丈の長さに合わせる事をお勧めします。

 

長いものをはくと、

スカートと重なってしまいます。

そうするとあまり、可愛く見えないので、

少し短めにしてひざ下が少し素足見える程度にしましょう。

 

ワンポイントに関しては、お好みでいいです。

ですが、あえてオススメするのであれば、

バックについているアクセサリーの色、

もしくはネクタイやリボンの色に合わせて買うと

可愛く見えやすくなります。

 

以上の点を踏まえて私がオススメする

「スクールソックス」は以下になります。



あなたも可愛い靴下で、

制服にアクセントを入れてみてはいかがですか?

 

関連記事

リンク:「目指せ!理想の女子!!オススメのスクールバックとは?」

リンク:「人気のスクールセーターとは!?あなたも制服でおしゃれをしてみませんか?」

リンク:「女子必見!!可愛い制服に変身!?人気のスクールカーディガンとは!?」

リンク:「やっぱこれは必要でしょ!オススメのスクールベストをご紹介!」

 

 -衣服, 身だしなみ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

めがね
メガネに合うニット帽のかぶり方は?メンズにおすすめを紹介!!

  これから、どんどん寒くなり色んなスタイル でオシャレな服を着こなしていく事が楽しい 季

レインコートとレインスーツの違いは何?を紹介!!

  レインコートとレインスーツの違いを みなさん知っていますか?   レインスー

ルバーブ
ルバーブで漬物の作り方は?保存方法や期間も紹介!!

  ルバーブという野菜をご存知ですか? ルバーブには栄養がたくさん含まれていて、 今注目さ

ピーマン
ピーマンで漬物の作り方は?保存方法や期間も紹介!!

ピーマンって、1年中スーパーで買うことが 出来る野菜ですが、みなさんは、ピーマンの 漬物って、作った

秋冬に夏用ワンピースを着るのは変?気にしないでいいコーデを紹介!!

  もう衣替えの時期ですよね。 夏のワンピース、また来年着ようと片づけよ うとしていません