結婚式のコサージュで知らないと損するマナーとは? 付け方を紹介!!

更新日:

 

少し地味なドレスの時など、お祝いの雰囲気が足らないかな?

不安になったりもします。

 

特に全身黒だったりすると

なんだかお葬式のように見えてしまったり。

 

もちろんアクセサリーなどでカバーしても良いのですが、

やっぱり少し華がない。

そんな時に助けてくれるのがコサージュです。

 

ただなかなかつけ慣れないものなので、

つけようとするときにマナーはこれで大丈夫かな?

とかどの辺につけるんだっけ?

と不安になることも多いですよね。

そんな時は是非参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

コサージュはなんの為に付けるのか?

image001

コサージュを付けるのは

やはり服装に華やかさをプラスするためです。

 

昔から欧米では

ドレスや衣服に花を飾ることが多かったようですが、

特に慶事の服装を引きたてさせるためにつけるものを

コサージュと呼びます。

 

お祝いごとで華やかにするということは、

祝う相手に「あなたのお祝い事を嬉しく思います。」

と伝えることなんですね。

 

なので結婚式でマナー違反はしていないから

華やかではなくても良いでしょ?と考えるのは間違えのようです。

 

 

コサージュを付ける位置は?

image003

コサージュは左か右、どちらにつけてもマナー違反ではありません。

ただ左側につける人が圧倒的に多いです。

 

胸の上らへんで鎖骨あたりにつけるのが

一番きれいに見えるといわれております。

 

この位置につけることで

コサージュが華やかに見える以上に

スタイルが良く見えるそうなんです。

 

 

結婚式に相応しいコサージュは?

image005

結婚式にふさわしいコサージュは

シルクフラワーのものやサテンのものなどです。

 

反対に避けた方が良いコサージュは

カジュアルに見えてしまいがちな布素材のコサージュのようです。

やはり結婚式ですので

コサージュもフォーマル感があるものが好まれます。

 

またあまりにも大きなコサージュは、

新婦さんのカラードレスのお花などと

雰囲気がかぶってしまう可能性があるので避けた方が無難です。

 

胸元の目立つ位置なので

後から写真を見ても気になってしまいますので、気を付けましょう。

 

・シンプルなコサージュはどんなドレスにもピッタリ

 

・サテンのドレスなら結婚式にも最適!

 

コサージュに合わせ易い服装とは?

結婚式でコサージュを付けたいなと思っているのであれば

シンプルな黒のドレスがおすすめです。

 

黒のドレスは結婚式には不向きと言われていますが、

コサージュやボレロで色を足すことで着ていくことが出来ます。

 

またほかの色のドレスにコサージュを付ける場合は

同系色のコサージュを付ける方がフォーマル感が崩れず

好印象な着こなしになりますよ。

 

・形が綺麗なシンプルドレスならコサージュがピッタリ!

 

コサージュ次第で手持ちのパっとしないドレスも

一気に華やかな印象になれちゃいます!

コサージュにチャレンジしてみませんか?

 

関連記事

リンク:「結婚式用コサージュの手作り特集!!色々な作り方を紹介!!」

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-アクセサリー, 年中行事, 生活, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.