アウトドア用で防水のシューズをお探しの方必見!!おすすめを紹介!!

投稿日:

 

アウトドアでは

突然の雨など、天候の変化はつきものです

 

ぬかるみや水たまりに足をとられて、靴の中

までぐちゃぐちゃになってはアウトドアを

楽しめませんよね。

 

そんな時に役立つのが

防水仕様のアウトドアシューズです。

 

アウトドアシューズの種類の幅は広く、本格的な

登山やトレッキングに向いているものから、軽い

ハイキングに向いているものまで様々です。

 

せっかく購入したアウトドアシューズ、使う

場面がアウトドアだけでは勿体無いですよね。

 

今回は、アウトドアシーンだけでなく、日常

使いもできるハイキングシューズを選びました。

 

高機能でデザイン性の高いアウトドアシューズ

なら、おしゃれにも取り入れることができて使う

シーンが限定されません。

 

それではデイリーユースにもオススメ、おしゃれ

で機能的な防水シューズをご紹介します。

SPONSORED LINK

アウトドアシューズの選び方

靴(防水)

靴の形状

アウトドアシューズの形状はローカットミドル

カットハイカットの3種類に分類されます。

 

その中でも足首が自由に動く

ローカットシューズは、キャンプやフェス、

軽めのハイキングなどに使いやすいです。

 

本格的な登山やトレッキングには、ローカット

シューズに比べ足首が固定されるので、安定感が

あり動きやすいミドルカットシューズや、足首を

しっかりと固定してくれるハイカットシューズが

オススメです。

 

靴底の硬さ

登山シューズやトレッキングシューズは、靴底

が硬いので岩場や凸凹の道でもバランスが取り

やすく歩きやすいですが、普段使いには向いて

いません。

 

スニーカーのように靴底が柔らかいものなら、

普段使いと兼用することが可能です。

 

クッション性

長時間歩くとひざや腰に負担がかかるだけで

なく、疲労も溜まりやすいです。

 

アウトドアシューズにはクッション性の高さも

重要です

 

防水性・通気性

アウトドアシューズは元々防水機能が備わって

いるので突然の雨でも安心ですし、汚れを気に

することもありません。

 

それに加えて、通気性も備わっていれば靴の中

が蒸れにくく、一日快適に過ごすことができます。

 

 

アウトドアでオススメの防水シューズ

 

クライミングシューズとコンフォートシューズ

のいいとこ取りをした一足、KEENのアウトドア

シューズです。

 

カラー展開が豊富で、アウトドアシーンだけでなく、

タウンユースにもぴったりなシューズです。

 

足裏の形に合わせて立体成型されたリサイクルPU

と、コルク性のフッドヘッドで快適な履き心地を

実現しました。

 

足裏側には吸湿速乾素材、アウトソール側には

通気性の良いメッシュパネルが使用されています。

 

 

悪条件でも確実なフットワークを実現すること

ができる、コロンビアのトレッキングシューズ。

 

コロンビアが独自に開発した防水透湿機能オム

ニテックは、外部からの水の侵入を防ぎ、蒸れ

を最小限に抑えます。

 

そして、軽量性・サポート性・クッション性を

兼ね備えたインジェクションモールデッドEVA

製法は、快適な履き心地を実現しました。

 

自宅で簡単に洗えるので、汚れを気にせず使用

できます。

 

 

イギリス生まれのアウトドアブランド

”HI−TEC”のアウトドアシューズ。

 

カジュアルな見た目とは裏腹に、アウトドア

シーンからデイリーユースまで幅広く使用

できるモデルです。

 

高いグリップ性と、”DRI−HI Light"を採用した

高い透湿防水性で、ソール接着面から水が入り

にくい構造になっています。

 

インソールにはクッション性の高い材質を使用、

抗菌・防臭機能も搭載されています。

 

 

日帰りハイキングや低登山を始めたい方の

1足目に最適な、アディダスのアウトドア

シューズ。

 

ゴアテックスは高い防水性、TRAXIONアウト

ソールは抜群のグリップ力、EVAミッドソール

とADIPRENEはクッション性に優れています。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-シューズ, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.