アウトドアで活躍するキャリーカートで人気なのは?おすすめを紹介!!

投稿日:

 

キャンプやバーベキューなど、ついつい

あれもこれもと荷物が増えてしまいがち。

駐車場から離れていることも多く、大量の

荷物を運ぶのは重労働ですよね。

 

そんな時に役立つのが、大量の荷物を

一気に運べるアウトドアキャリー。

 

キャンプやバーベキューはもちろん、自宅の

ガーデニングやスポーツ用品の移動時など

マルチに活躍するアイテムです。

 

キャリーカートを使えば、今まで何度も往復して

運んでいたストレスを一気に解消してくれます。

 

使う用途に合わせて、キャリーワゴンの積載量や

サイズ、女性でも運びやすい重量かなどチェック

してみましょう。

 

それでは、アウトドアに持っていきたい

オススメのキャリーカートをご紹介します。

アウトドアで活躍間違いなし!今人気のキャリーカート

 

タープ、テント、テーブル、チェア、焚火台

など、テント泊に必要なアイテムを一度に運べる、

FIELDOORのワイルドマルチキャリー・スマート。

 

折りたたみ式で車の中に入れてもかさばらず、

96Lもの荷物を運ぶことができるのであらゆる

シーンで活躍間違いなし。

 

大型のタイヤは舗装された道はもちろん、芝生

のような場所での移動も楽チンです。

 

耐久性のあるスチームフレームを採用、畳むと

幅はわずか22cmと、自宅や車内にコンパクト

に収納できます。

サイズ: (本体)107×67×98cm
(カゴの寸法)80×40×30cm
(折りたたみ時)45×39×73cm
耐荷重: 120kg

 

 

タイヤが細いキャリーカートは、タイヤが砂に

埋まってしまったり、凸凹のある道では使いにく

いのが難点。

 

安定性抜群の幅9.5cmの大型タイヤは、

ちょっとした段差や砂利道、ビーチの砂にも

埋まりにくくスムーズに移動。

 

108Lもの大容量を運ぶことができ、前輪は

360度回転するので方向転換もスムーズ

行えます。

サイズ: (外寸)幅110×奥行50×高さ50cm
(収納部内寸)幅82.5×奥行44×高さ28cm
(収納時)幅55×奥行25×高さ76cm)
重量: 11kg
耐荷重: 120kg

 

 

ハンドル部分もコンパクトに収納が可能、車に

積み込んでもスペースを圧迫しないキャリーワゴン。

 

カートが汚れたらフレームからシート部分を

取り外して丸洗いができるので、常に清潔に

使用することができます。

 

本体の側面には、ペットボトルやお菓子などが

入るポケット付き、ノーパンクタイヤはガタガタ

未舗装の道でもスムーズに移動します

サイズ: (本体)幅100×奥行47×高さ78~104cm
(かごの寸法)幅75×奥行45×高さ27cm
(折りたたみ時 )幅47×奥行19.5×高さ78cm
重量: 10kg
耐荷重: 80kg

 

 

耐久性に優れた、直径約17cmの大型ラバー

タイヤを装備したフォールディングワゴン。

ラバータイヤはキャンプ場など未舗装の道

でも安心。

 

収納時は約11.5cmの薄さに折りたためて、

保管時もスペースをとりません。車輪は簡単に

取り外し可能、車輪がすっぽり収まる収納ポ

ケットが付属しています。

サイズ: (本体)幅620×奥行1145×高さ965mm
(折りたたみ時 )幅610×奥行950×高さ115mm
重量: 10㎏
耐荷重: 50㎏

 

 

荷物が多い時に便利な、ワンタッチ折りたたみ

式のマルチキャリー。

 

前輪には2箇所の足踏みストッパーが付いて

いて、便利かつ安全に使用することができます。

360度回転する前輪は小回り抜群です。

 

キャリーワゴンを押す方の身長に合わせて

高さ調節ができるよう、ハンドルのロックで

調節が可能です。

 

サイズ: (本体)外側約縦53×横88×77.5~103cm
(内側)約縦72×横45×高さ25.5cm
(タイヤ)約20×4.5cm
(折りたたみ時)約縦52×横53×77.5~101cm
重量: 13.2kg
耐荷重: 100kg

 

アウトドアが増えるこれからのシーズン、キャリー

カートがあると何かと重宝しそうですね。

 

快適で楽しいアウトドアライフに、お気に入りの

一台を選んでみてはいかがでしょうか。

 

-旅行・おでかけ, 楽しむ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.