オープントゥパンプスを履くと痛い!!どうすれば痛くならないの?


 

女性らしく、普通のパンプスに比べて

すっきりと履くことのできるオープントゥパンプス。

素敵なデザインのものがたくさんあるので

どんなものを履こうか迷ってしまいますね!

 

しかし選び方を間違えてしまうと

履いているうちにつま先が痛くなってしまう

危険性があるのがオープントゥパンプスの難点

image002
 

靴のせいで足が痛くなってしまうと、

せっかくおしゃれをして出かけても

楽しむことができなくなってしまいますね。

 

そこで今回ご紹介するのは

  • オープントゥパンプスを履く時に
    痛くならないようにするポイント!
  • 大切なのは足に合った靴を選ぶことと、
    グッズを使って対策をすること。
 

それだけでグッと快適にオープントゥパンプスを

履くことができるようになりますよ!

 

痛み知らずで楽しくおしゃれに出かけよう!

痛くならずにオープントゥパンプスを

履くポイントについてご紹介していきます!

SPONSORED LINK



 

どうすれば痛くならないの?

オープントゥパンプスを履いていて、

つま先が痛くなる原因は

靴が合わずに足が前に滑っていってしまうこと、

そしてつま先部分の開きが足に合っていないこと

が考えられます。

 

特に足の甲が低い方は

足が前にすべりやすいため、どうしても

足がオープントゥで足が痛くなりやすいのです。

 

また、つま先部分の開きが

ちょうど足の爪の付け根と重なり、

こすれてしまって痛みが出る可能性があります。

 

これらの痛みを防ぐため大切なのは

なんと言ってもきちんと試着をして

自分の足に合ったパンプスを選ぶこと!

image004
 

足の形は人それぞれ。

ですからどのオープントゥパンプスが

ベストであるかも人よって異なります。

 

試着してみただけでは分からないので、

歩き回って足が前に滑ってこないか、

足の爪の付け根に痛みが出ないかを

よく確認して購入するようにしましょう。

 

足が前にすべりやすい方は

あまりヒールの高くないタイプのもの、

ヒールが太めで安定感のあるものなどを選ぶ

といいかもしれません。

 

よく分からない方は

お店の方に相談するのが1番ですね!

 

ネットなどで購入したり、

大丈夫だと思って購入した靴で

痛みが出たりした場合にはグッズを使って対策をします。

 

足が前に滑ることを防ぐためには

インソールや滑り止めを使いましょう。
このように全面、もしくは部分的なインソール、

滑り止めを入れることで

足が滑らずに正しい位置に収まり、

つま先が痛くなるのを防いでくれます。

 

あまり厚みのあるインソールや

滑り止めを入れてしまうと、今度はそれが原因で

足の指が圧迫されることもありますので、

薄いタイプのものを選ぶと安心!

 

インソールを入れることで歩いたときに

足にかかる衝撃が吸収され、足が疲れにくくなるので、

快適にパンプスを履きたいという方は

ぜひインソールを入れてみてくださいね。

 

他のオープントゥパンプス関連記事











 

 -シューズ, 身だしなみ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

トマト
トマトを栽培したい方必見!!育て方を紹介!!

  南アメリカ原産のナス科植物であるトマトは、 緑黄色野菜の一種で夏を代表する野菜の一つ

コケ
苔の育て方は?栽培方法を紹介!!

  岩や地表など世界中の至る所で見ることが 出来る苔は湿気の多い暗い場所に自生する イメー

きゅうり
きゅうりの育て方は?栽培方法を紹介!!

  ヒマヤラ山麓原産のウリ科植物である きゅうりは、日本でも平安時代から栽培され ており、

沈丁花
沈丁花の育て方は?栽培方法を紹介!!

  中国南部原産の沈丁花は早春に強い香りを放 つ花を咲かせ、春の訪れを知らせてくれます。

フキノトウの花
フキノトウを栽培したい方必見!!育て方を紹介!!

  日本原産のキク科植物のフキノトウはフキの 花茎の部分を指し、独特の香りや苦みが料理 の