夏に巻くストールの巻き方は?レディース編を紹介!!

投稿日:

 

ストールといえば

秋冬の防寒のイメージが強いですよね。

 

でもストールは暑い夏場でも活躍してくれる

優秀アイテムなのです!

 

夏の女性の大敵といえば日焼けと冷房の冷え。

この2つから女性を守ってくれるのが夏用の

サマーストールです。

サマーストール

 

今回はそんな夏に巻くストールのいろいろな

巻き方をご紹介!

 

上手に巻くことができれば、機能面だけでなく、

コーディネートのアクセントとしての役割も

果たしてくれますよ!

SPONSORED LINK

夏におすすめするストールの巻き方

冬に巻く防寒用のストールとは違い、夏に巻く

ストールは通気性がよく、紫外線対策の機能性

があるものを選びます。

 

まずは

どのようなストールがあるのかを見てみましょう!

 

 

夏の暑い時期におすすめなのが、こういった通気性

がよく、UV加工が施されているストール。

首周りを日焼けからしっかりと守ってくれます。

 

 

このように吸湿性に優れた軽いタイプのストール

もいいですね。

 

かさばらないので日焼け対策はもちろん、冷房の

効いた場所での冷え対策用にバックに入れておく

のもおすすめです。

 

では次にいろいろなストールの巻き方を

チェックしてみましょう!

 

【1分間でストールの巻き方7】春夏におすすめの巻き方

 

巻き物の、締め付ける感じが息苦しくて苦手!

という方におすすめなのが、こちらのように

ゆるく、首周りにゆとりをもたせた巻き方。

 

ゆとりがあるので夏場でも暑苦しくなりません。

最後にくるくるとストールをねじることで、

アクセントになってとてもおしゃれですね!

 

プロが教える!ストールの巻き方_ケープ巻き(羽織りもの感覚) | How to wear a stole - Cape

 

こちらはストールをケープのように巻く方法です。

首周りをしっかりガードしてくれるので、首周りや

デコルテ部分の日焼け防止にぴったりの巻き方です。

 

このケープ巻きを覚えておけば、羽織もののように

ストールを使うことができるので、雰囲気を変えな

がらコーディネートを楽しむことができそうですね!

 

夏のクーラー対策におすすめのストールの巻き方 【大草直子の今日のつぶやき】

 

こちらも同じように肩や首周りをしっかりと

包み込むように巻く巻き方です。

 

大判のストールなら身体をしっかりと包み込む

ように巻くことができるので、寒暖差による寒さ

やクーラーによる冷えが気になるときに大活躍

してくれます!

 

夏用のストールなら大判のものでもかさばる

ことなく持ち運びできるので、旅行のときなど

でも使い勝手が良さそうですね。

 

簡単20秒 ストール巻き方 細見え「縦長ひとつ結び」(ウーマンオンライン)

 

こちらはストールで縦のラインを作ることで、

全体がシュッとして見える細見え効果も期待

できちゃう巻き方です!

 

片結びにストールの両端をくぐらせるだけで

縦ラインを強調してくれる巻き方になります。

 

きっちりとではなく、ゆるくふんわりと巻く

ことで、こなれた印象になりますね。

 

遠鉄百貨店 カンタンお洒落なスカーフ・ストールの巻き方 3パターンまとめ

 

あまり大判でない、小さいサイズのストール

は、スカーフのようにエレガントに巻いて

首もとのアクセントにしてみるのはいかがで

しょうか?

 

どの巻き方も上品で、きちんとした服装に合う

ものですので、大人の落ち着いた女性の雰囲気に

ぴったり。

 

シンプルな服装に合わせて、凝った柄のストール

を巻くと一気に華やかな印象になりそうですね!

サングラスとストール

 

いかがでしたか?

いろいろな巻き方がありましたね!

 

日焼けやクーラーの冷え対策にも、

コーディネートのアクセントにも使えるストール。

夏用のものは薄手で持ち運びやすいのも魅力です。

 

今回ご紹介したのはどれも簡単に巻くことの

できる方法ですので、その日の服装などに合わせて

巻き方を変えて楽しんでみてくださいね!

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-アクセサリー, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.