174cmで体重の標準と理想は何kg?男性編を紹介!!

投稿日:

 

近年の日本においては食の欧米化が進み、

昔に比べて肥満体型の男性が増えている

言われています。

 

特に男性の場合は、お酒を嗜む場合が多く、

塩分濃度の高いおつまみや炭水化物を多く

摂る機会が少なくありません。

 

この事から身長と体重のバランスを崩して

しまう事も多く、過度な体重の増加から日常

生活に支障をきたしている場合も多いと言わ

れています。

 

また

体重の増加は健康状態の悪化と比例している

可能性が高く、中性脂肪の増加や内臓への負担

も懸念されます。

 

今回は身長174cm男性の理想体重について紹介

していきます。まずは、ご自身の体重がどれぐ

らいに位置するのかを把握した上で、理想体型

に近づけてみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

身長174cm男性の理想体重

男性

身長と体重のバランスを考える上で重要に

なってくるのが標準体重です。

 

標準体重は統計上での平均的な体重とされ

ている指標で、身長と平均BMI(ボディ・マ

ス・インデックス)と呼ばれす指数を乗算して

算出されます。

 

実際に身長174cmの場合で計算してみると

「1.74×1.74×22(平均BMI)=66.6kg」と

なります。少し重い感じがしませんか?

 

このように、一般的に標準体重は重めな設定

がされているという認識を持たれていて、

BMI20辺り(体重60.5kg)が理想的な体重

言われています。

 

では統計上の標準体重が、少し重めな設定

になっているのには何か理由があるので

しょうか?

 

そこには

筋肉量が関係していると言われています。

 

 

身長174cm男性の体脂肪率

たくましい男性

筋肉は脂肪に比べて質量が大きいので、同じ

大きさでも筋肉が重く脂肪が軽いという、

それぞれの性質を持っています。

 

なので、筋肉質の人は見た目よりも重い印象

があり、脂肪が多い人は見た目よりも軽い印象

を持ちます。

 

標準体重が重めに設定されていると感じる

のは、一定の筋肉量を考慮されて設定して

いるからであり、同時に一般的にそこまでの

筋肉量を必要とする認識がない、という事が

うかがえます。

 

筋肉量がそこまで必要なのかと疑問に思う方

が多いかもしれませんが、筋肉は年齢と共に

低下していき、腰痛や代謝の悪化、冷え性等

の様々な症状の原因にもなります。

 

体脂肪と筋肉量の適度なバランスとは

一定の筋肉量をつけておくことは、健康な

日常生活を送る上で、とても大切なポイント

と言えます。

 

筋肉量は体脂肪率から測定する事ができ、

体脂肪率が低ければ低いほど筋肉量が多い

と判断する事ができます。

 

平均的な体脂肪率は15%〜20%と言われて

いますが、身長174cmの男性にとって理想

的な体脂肪率とは何パーセントぐらいなので

しょうか?

 

以下の表では体脂肪率とBMIとマトリックス

にして推測される体型を記載しています。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

身長174cmの男性 54.4kg
(BMI:18)
60.5kg
(BMI:20)
66.6kg
(BMI:22)
72.6kg
(BMI:24)
体脂肪率
10%
細マッチョ 細マッチョ 筋肉のモテ系体型 ゴリマッチョ
体脂肪率
15%
ややマッチョ 筋肉のモテ系体型 スタイル良い標準 プロレスラー
体脂肪率
20%
スタイル良い標準 スタイル良い標準 ややたるんでいる ややぽちゃ
体脂肪率
25%
細いがたるんでいる ややたるんでいる ややぽちゃ 肥満体

 

上の表を見ると分かるとおり理想的なBMIが

20〜22で体脂肪率が10%〜15%付近になる

事が分かります。

 

自分自身がどの辺に位置するのかを把握した

上で、この辺りを目標にトレーニングしてみて

はいかがでしょうか?

 

 

効果的なダイエット方法

では実際に効果が出やすいダイエット方法を

紹介していきます。ダイエットは大きく分けて

食事制限」と「運動」があります。

 

但し、

やみくもに食事を制限したり運動をしても効果

が出ないどころか、場合によってはリバウンド

の原因にもなりかねません。

 

それぞれには、おさえておくべきポイントが

いくつかありますので、ご紹介していきます。

 

食事制限

制限と言っても食べないのではなく、食べる

種類に工夫を入れる事が大切です。

肥満の一番の原因は、やはり炭水化物です。

 

米・パン・麺類をなるべく控えて、おかず中心

の食生活を心がけるようにしましょう。

ご飯の場合はお茶碗を小さくするのも、一つの

手段ですよ。

 

運動

筋トレ等の無酸素運動よりもジョギングや

縄跳び等の有酸素運動が、ダイエットには

効果的と言われています。

 

筋肉をつける事も間接的にはダイエットに

繋がりますが、必ず有酸素運動と抱き合わせ

で筋トレをするようにしましょう。

 

また運動前には、十分なストレッチをすること

で血液の循環が良くなり、筋肉を伸ばすことが

できるので、怪我を防ぐ効果と短時間で脂肪が

燃焼しやすい体に仕上げることが出来ます。

 

その他、

ダイエット器具を使う方法も注目されてきて

います。今回は、その中でも比較的レビュー

の高いSIXPADを紹介します。

 

 

SIXPADは、身体中のどこでも貼るだけで、

周波数から脂肪を燃焼させ筋肉量を増やす効果

があります。

 

SIXPADについて以下の動画でも紹介している

ので是非参考にしてみてください。

 

シックスパッドの使い方をご紹介します

 

ダイエット器具を使う事に抵抗がある方も

多いと思いますが、時間がない人でも一定の

効果が得られるのでダイエットを続ける為の

モチベーションにも繋がります。

 

ダイエットは無理の無い範囲で、とにかく

続ける事が重要です。

是非、自分にあった方法で理想的な体型を

目指して頑張ってくださいね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ダイエット, 健康, 美容, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.