オリーブオイルはアトピーの改善効果があるの?使い方を紹介!!


 

決定的な原因が分からないうえに

多くの方が経験するアトピー性皮膚炎

汗をたくさんかく時期や乾燥する時期にだけ

発症するという方もいらっしゃいますね。

 

アトピーの治療方法は程度や体質によって

治療法が異なりますが、

おうちでできる対処方法として、オリーブ

オイルを使用する方法があるのはご存知でしょうか?

 

料理に使って口から摂取する方法と

肌に塗る方法、それぞれに効果があると

言われています。

image001
軽度のアトピーであれば、

できるだけ薬に頼らずに治したいですよね。

そういった方にもぴったりなのが

オリーブオイルを使った症状改善です。

 

なぜオリーブオイルがアトピーに効果がある

のか、その理由をご紹介していきます!

 

アトピーの程度や体質によっては

オリーブオイルが逆効果になる可能性もあり

ますので、注意点も併せて必ずお読みくださいね。

SPONSORED LINK


なぜオリーブオイルはアトピーの改善効果があるの?

アトピーの方の多くは

肌が乾燥している傾向があります。

 

乾燥して皮膚の角質がガサガサすると、

かゆみに対するセンサーが敏感になり、

ガサガサの角質に少し異物が入り込んだだけ

でも強いかゆみを感じるようになってしまいます。

 

冬の乾燥する時期にアトピーが悪化したり、

乾燥の時期にだけアトピーを発症したり

する方がいらっしゃるのはこのためです。

 

乾燥は皮脂の分泌が少ないことで

起こりますので、そこで活躍するのが

オリーブオイルです。

image004
 

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は

もともと人の皮脂にも含まれている成分。

 

そのためアトピーの患部に塗布することで

皮脂を補い、潤いを与え、

さらに炎症を抑えてくれる効果あるのです!

 

酸化しにくく、よけいな添加物の入っていない

オリーブオイルは肌への刺激にもなりにくい

ので、薬のように肌への負担にならないと

いうのも嬉しいですね。

 

また、食生活の観点から見てもオリーブオイルはアトピーを軽減してくれる可能性があります。

食用の油は様々な種類がありますが、

紅花油やひまわり油、大豆油、コーン油などに

多く含まれるリノール酸は多く摂取することで

アレルギーの症状を悪化させると言われています。

 

オリーブオイルにもリノール酸は

10%ほど含まれていますが、

他の油に比べるとかなり少ない割合です。

 

アトピーの抑制効果があると言われる

αリノレン酸が多く含まれているのは

亜麻仁油やエゴマ油ですが、熱に弱く、

加熱よりもドレッシングなどでの

摂取に向いています。酸化が早く、

さらに高価なものばかりなのが難点。

image006

対してオリーブオイルに含まれ、

身体に良い効果をもたらしてくれる

オレイン酸熱に強く、酸化しにくい上に

手ごろな値段で入手することができます。

 

このように、肌に塗ることで

皮脂や潤いを補い、口から摂取しても

他の油のようにアトピーを悪化させにくい

オリーブオイルは、アトピーの症状の改善に

力を発揮してくれる可能性を秘めている

と言うことができます。

 

 

使い方

オリーブオイルを肌につける場合、

アトピーの方はできれば食用のものではなく

スキンケア用のものを使用することをおすすめします。

 

肌にもつけることのできる

食用オリーブオイルもありますが、

スキンケア用のもののほうが肌の刺激となる

不純物が少なく、酸化しにくい容器に

入れられているものが多いので、

 

健康な肌に比べて刺激に過敏になっている

アトピーの肌にはできるだけ

肌に優しいものを使うようにしてください。

image008
 

使用する際は患部を清潔に洗い、

少量のオイルを優しく塗り広げていきます。

 

乾燥してカサカサしている部分に

潤いを与えるように塗ると外部からの

刺激へのバリアの役割も果たしてくれますよ!

 

食事で摂取する場合

炒め物など加熱料理に使う油を

オリーブオイルに変えることで、

アトピーを悪化させるリノール酸の摂取量を

減少させ、症状の改善に繋げることができます。

 

非加熱の場合は

亜麻仁油やエゴマ油の方がより効果的ですが、

高価で酸化しやすいので

オリーブオイルで代用するのもいいですね。

 

体によいオリーブオイルでも

大量に摂取しすぎるとアトピーの悪化に

繋がる可能性もありますので、量はできるだけ

少なめを心がけるようにしてください。

 

 

注意点

アトピーの原因は人によって様々です。

乾燥や油に含まれる脂肪酸に原因がある場合は

オリーブオイルで改善できる可能性がありますが、

 

そうでない場合は

オリーブオイルを塗ったり食べたりしても

高価が現れないこともあります。

 

image010
食事の油をオリーブオイルに変えることで

異常が起こることはほとんどありませんが、

 

肌にオリーブオイルを塗る場合、

オイルの種類や体質、炎症の程度によっては

オイルが合わなかったり刺激になって

しまったりして、症状が悪化する恐れがあります。

 

アトピーの治療で医療機関にかかっている方は

オリーブオイルを試してみる前に

お医者さんに相談してみるようにしましょう。

 

医療機関にかかっておらず、自己治療として

オリーブオイルを使用する際は

異常が出ないかまず少量から試すようにし

異常が見られた場合はすぐに洗い流し

使用をやめるようにしてください。

 

また、酸化しにくいのが特徴の

オリーブオイルですが、古くなったオイルは

酸化して肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

古いオイルは絶対にアトピーの肌には

使用しないでください。

 

オリーブの関連記事





















 

 -お肌, 健康

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

テンピュールの枕は洗えるの?お手入れ方法を紹介!!

  枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗に

エアウィーヴの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕はよく眠れるかどうかを左右する 睡眠の重要なファクターとなっているので 枕選びも非常

パイプの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕は寝る時のお伴で皆さんいろんなものを用いていますが、 きちんと洗わないといろいろと不

メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、