オリーブオイルで食用とスキンケア用の違いは?他のオイルに無い特徴も紹介!!


 

オリーブオイルといえば

洋食やサラダなど、料理に使うものという

イメージが強いですが、

スキンケア用のオリーブオイルがあることは

ご存じでしょうか?

 

椿油やホホバオイルなどと同じように、

オリーブオイルも

スキンケアやヘアケアに使うことができます。

SPONSORED LINK



では私たちが

普段口にしている、スーパーなどで販売されている

食用のオリーブオイルをスキンケアにも使うことは

できるのでしょうか?

image002
 

実は食用のオリーブオイルを

肌につけること事態に問題はありませんが、

食用のものはスキンケア用のものと違い、

 

選び方に気をつけないと

肌につけた際に肌荒れやニキビなどの

トラブルを起こすリスクが高くなります。

 

食用のものでも種類によっては

肌につけても問題ないものもありますので、

まずは食用とスキンケア用のオリーブオイルの

違いについて理解しておきましょう。

 

オリーブオイルの持つ

特徴なども併せてご紹介していきます!

 

 

食用とスキンケア用の違いは?

基本的に

食用のものもスキンケア用のものも、

もとは同じオリーブの実から作られています。

 

両者のもっとも大きな違いはろ過の違いです。

スキンケア用のものは食用のものに比べて

より細かくろ過されています。

 

食用のオリーブオイルは

細かくろ過されていないため

あまり肌なじみはよくありません。

肌に浸透していかないので、

つけるといつまでもベタベタと肌に残ります。

 

スキンケア用のオリーブオイル

分子が細かくなっているため、

オイルとは言え食用のようにはベタつかず、

サラリとした気持ちのよい仕上がりになっています。

image004
 

また、オリーブの実を絞る際に種のかけらや

果肉の断片などがオイルに混じることがありますが、

スキンケア用のものがしっかりとろ過をして

そのような不純物を取り除いているのに対し、

 

食用のものは多少不純物が残っていても

体内で分解されるため、スキンケア用の

オイルに比べて不純物が多く残留しています。

 

不純物の多いオイルは肌へつけると刺激となり、

オイルの酸化も早めてしまうため、

肌が敏感な方や体調が優れない時に使用すると

肌を荒らす原因となってしまいます。

 

オイルは空気に触れると

酸化してどんどん劣化していってしまうため、

スキンケア用のものは空気に触れない

仕様になっているものが多いですが、

 

食用のものはキャップを開けたときから

酸化が始まってしまうため、

開けてから期間のたったものは

肌にダメージを与えてしまう可能性もあります。

image006
 

最近では食用のオリーブオイルでも、

酸化しにくいように細かくろ過されたものが増え、

スキンケアにも使うことができるような

質のものも販売されるようになりました。

 

しかし

やはり味や風味を楽しむことを第一に考えて

加工されたものと、肌への優しさや

効果を第一に考えて作られたものでは

適切な用途に大きな違いがあります。

 

肌質によって合う、合わないという

問題もありますので、

特に肌の弱い方はスキンケアを目的とするならば

スキンケア用のものを選ぶことをおすすめします。

 

食用のものをスキンケアに使う場合は

成分や純度をよく確認し、パッチテストをするなどして

問題が出ないかチェックしてから使用すると安心ですね!

 

 

他のオイルに無い特徴は?

image008
植物性のオイルは、

植物の種子を加工してオイルを抽出しますが、

オリーブオイルは

オリーブの実に圧力をかけてつぶすだけで

抽出することのできるオイルです。

 

ですから、余計な加工が施されていない

ということで植物のもつ本来の機能性が

備わっているということができます。

 

オリーブオイルには

オレイン酸という脂肪酸が豊富に含まれています。

オレイン酸は水分を抱え込むという性質を

持っているため、スキンケアに使用すると

肌に潤い与えてくれます。

 

このオレイン酸は母乳や皮脂にも含まれているもの

なので、オレイン酸を多く含むオリーブオイルは

肌へ大きな負担をかけることなく

ケアをすることができ、肌を守るバリアとなって

アレルギー成分や乾燥など外部からの刺激を遮断

してくれる効果があるのです。

 

さらに、

オリーブオイルにはビタミンEやポリフェノールも

多く含まれており、これらの成分は酸化を防いで

くれる効果があるため、

 

オリーブオイルは他のオイルに比べて酸化しにくいという特徴があります

主成分であるオレイン酸も酸化しにくい

という特徴を持っています。

 

酸化しにくく、安定性が高いということは

長期間、品質を損なうことなく

使用できるということです。

 

保存の状態にもよりますが、長く置いても

変質せず肌に優しく効果的な状態を

キープしやすいのです。

image010
 

植物の持つ本来の力を最大限に持ち、

主成分であるオレイン酸の力で肌を守り、

また劣化しにくいというのが

オリーブオイルとその他のオイルの大きな違いです。

 

食べても肌につけても

それぞれ嬉しい効果をもたらしてくれる

オリーブオイル、適切なものを適切に使用してこそ

効果が最大限に得られるものなので、

 

食用のものをスキンケアに使用する際には

できるだけ成分や純度など、

得られる情報をしっかりチェックしたうえで

使用するようにしましょう。

 

オリーブの関連記事





















 

 -お肌, 健康, 健康食, 美容, 身だしなみ, 食べ物

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

テンピュールの枕は洗えるの?お手入れ方法を紹介!!

  枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗に

エアウィーヴの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕はよく眠れるかどうかを左右する 睡眠の重要なファクターとなっているので 枕選びも非常

パイプの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕は寝る時のお伴で皆さんいろんなものを用いていますが、 きちんと洗わないといろいろと不

メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、