アイヌ人とは?顔等に見られる特徴は?


 

「アイヌ」という言葉は学校の授業や

ニュースなどで耳にして

知っている方が多いかと思います。

 

北海道に珍しい地名や山、川の名前が多いのは、

アイヌ語がもとになっているため、

という話を聞いたことのある方も多いでしょう。

 

しかし

そのアイヌの人々とはどんな人たちで、

どんな歴史をたどってきたのかご存じでしょうか。

 

日本に居住する民族として、

アイヌの人々について知っておくのは

とても大事なことです。

 

理解したうえで、自分とは違うという理由で

排除するのではなく、同じ国で生きる仲間として

受け入れていきたいですね。

 

アイヌ人とはどういった人々で、

どんな特徴が見られるのかをご紹介していきます。

SPONSORED LINK


アイヌ人とは?

アイヌ人は北海道や樺太、

千島列島などの地域に居住していた先住民です。

 

明治時代にかつては蝦夷地と呼ばれていた北海道が

日本の領土として取り込まれ、アイヌ人も

日本人として強制的に取り込まれることとなりました。

 

日本として取り込まれる以前にも、

日本の本土の人々とアイヌ人の間では

貿易が行われるなどして交流がありましたが、

対立による争いもたびたび起こり、不平等な

貿易や過酷な労働を強いられてきた歴史があります。

image002
アイヌ人は独自の文化や生活様式を持っていましたが、

日本人に同化することを強いられていくうちに、

価値あるアイヌの伝統文化は姿を消していってしまいました。

 

理不尽な差別や弾圧を受けつつ、

アイヌ人は日本人となっていき、

現在では普通の日本人と変わらない存在となっています。

 

両親ともアイヌ人という人は

ほとんどいなくなりましたが、現在でも

アイヌ人の血を引く人は日本全国に大勢います。

 

かつて受けた差別からアイヌであることを

隠そうとしたり、アイヌ以外の人と結婚することで

アイヌの血を薄めようとしたりする時代もありました。

 

残念ながら現在でも

差別が全くなくなったとは言い切れません。

 

しかしアイヌの伝統文化を見直す動きや、

アイヌであることを誇りに思い、前向きに

アイヌについて発信する人たちも増えてきています。

 

 

特徴

image004
先住民であるアイヌ人は眉や鼻の凹凸が強く、

目はまわりのくぼみがはっきりしていて大きく、

いわゆるほりが深い、顔が濃い

言われるような特徴の顔をしていました。

 

髪の毛はパーマがかかったような波状。

体毛が濃く、眉毛や睫毛なども太く濃いそうです。

 

現在では混血が進み、

それによってアイヌの顔の特徴も

薄れてきている方が多いので、

顔や体を見るだけで

アイヌであるかどうかを判断するのは

難しくなってきています。

 

しかしアイヌの血が入ることによって

こういった身体の特徴が現れることも少なくないようです。

 

関連記事



 

 -生活, 百科事典

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

テンピュールの枕は洗えるの?お手入れ方法を紹介!!

  枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗に

エアウィーヴの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕はよく眠れるかどうかを左右する 睡眠の重要なファクターとなっているので 枕選びも非常

パイプの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕は寝る時のお伴で皆さんいろんなものを用いていますが、 きちんと洗わないといろいろと不

メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、