ヤドカリの寿命は?長生きさせる為に必要な事も紹介!!   

更新日:

 

歩く姿やつぶらな瞳が愛らしく、

ご家庭で飼うペットとしても人気のあるヤドカリ

 

せっかく飼うならば、きちんとお世話をして

長生きさせてあげたいですよね!

ヤドカリは一体どれくらい生きることができるのでしょうか?

 

ヤドカリの寿命と、

長生きさせてあげるために必要な事をご紹介していきます!

SPONSORED LINK

寿命は?

捕食される可能性のある野生のヤドカリとは異なり、

天敵のいない飼育下では上手に飼育してあげれば

比較的長生きすることができます。

 

たとえば

日本国内でペットとして人気のあるオカヤドカリは

平均寿命が10~20年と言われています。

30年も生きたオカヤドカリもいるそうですよ!

image001

他のヤドカリもだいたい同じくらいの寿命です。

一般的な動物と比べると寿命は長めです。

 

きちんと育ててあげれば、

子供の頃に飼い始めたヤドカリが大人になっても

まだ元気!なんてこともあるかもしれませんね。

 

 

長生きさせる為にできる事は?

長生きさせてあげるためには、

ヤドカリにとって生息しやすい環境

適切なお世話をしてあげることが大切です。

 

まずヤドカリを長生きさせるために

最も大切なのは水質の維持

 

水生のヤドカリを飼育する場合は

きちんと水を換えてあげることで

綺麗な水質をできるだけ維持することが長生きに繋がります。

 

image002

水を換える時間がなかなかとれない場合は、

糞をピンセットなどでつまみ出す、

水槽内にエサの残りが長時間放置した状態に

ならないようにするといったことで

水の汚れの元を取り除くようにしてください。

 

オカヤドカリの場合は飲み水や

水浴び用の水を少量用意しますが、

これも時間がたつと淀んでくるので、

特に夏場には頻繁に取り替えるようにしましょう。

 

湿度と温度の管理も大切です。

気温の低くなる時期はヒーターなどを

用意してあげましょう。

 

特にオカヤドカリは水槽内が20℃以上になるように

してあげる必要があります。

長生きさせてあげるためには必須です。

image003

 

冬場は乾燥しやすくなるので、

霧吹きで加湿してあげることも大切です。

オカヤドカリの場合、湿度は60%以上がベストな環境です。

 

エサはいろいろな種類のものを与えるようにしましょう。

同じエサばかり与えていると飽きてしまう

こともありますし、個体によって好みも異なります。

 

意外にもニンジンやカボチャのような野菜も好みますが、

それだけ与えているとカルシウム不足になってしまいます。

 

市販のものでカルシウムの含まれたエサなどが

ありますので、うまく組み合わせてあげられると

栄養が偏りません。

 

そして最後にヤドカリによって

大切な住み処である貝を用意してあげること。

 

適切な住み処を見つけられないと、

ヤドカリが貝に入ることができずに貝から出たまま

溺れてしまうこともあります。

 

image004

海で拾ってきたり、市販のものを購入したりして、

住み心地のいい貝を選べるようにしてあげてくださいね!

 

ヤドカリの関連記事

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ペット, 生活

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.