ミサンガに文字を入れたい方必見!!編み方を紹介!!

更新日:

 

手軽に楽しめる

ファッションアイテムとして人気のミサンガ

 

カラフルな糸やおしゃれなパーツがたくさんある

ので、あれもこれもと試して自分だけのミサンガを

いろいろ作ってみたくなっちゃいますよね!

image002

 

今回ご紹介するのは

文字を入れたミサンガの編み方です。

自分の名前やイニシャルを入れて足や腕につけたり、

バッグなどにチャームとしてつけたりすると

おしゃれですよね!

 

部活動や体育祭などのイベントで、

チーム名を入れたおそろいのミサンガをつけて

勝利のお守りにしたり団結力を高めたりするときに

使ったりするのもおすすめです。

 

通常のミサンガに比べて、

少し編み方は難しくなりますが、

ゆっくり丁寧に編み進めていけば大丈夫!

 

これができればハンドメイドのスキルが

さらにレベルアップ!ミサンガに文字を入れる

編み方をご紹介していきます。

SPONSORED LINK

 

編み方

慣れてくると頭の中で完成図を考えながら

編めるようになりますが、図案を作っておくと

見ながら編み進めることができるので、

◎慣れないうちは事前に図案を作ることをおすすめします。

 

線の少ないアルファベットの文字が作りやすいですが、

慣れてくればひらがなやカタカナ、簡単な漢字も

編めるようになります。

複雑な文字は図案を作っておくと安心ですね。

 

自分で図案を作るのが難しい人は、

インターネット上に無料の図案がたくさんあるので、

探して参考にしてみましょう。

 

文字入りのミサンガは

基本的にたて巻き結びとよこ巻結びという編み方で

編み進めていきます。

 

この結び方がマスターできれば

難しそうな文字入れもちゃんとできるようになりますよ!

 

縦巻き結び

背景を編むときはたて巻き結びです。

 

横巻き結び左→右

文字や柄を編むときはよこ巻き結びです。

たて巻き結びと横巻き結びを繰り返していくことで

ミサンガに文字や柄を入れていきます。

 

文字入りミサンガの編み方

編み糸が多くなると、

糸がぐちゃぐちゃになってしまいがちなので、

こちらの動画のようなガイドを作っておく

スムーズに編み進められそうですね!

 

クリアファイルを使って

ガイドを作られているそうですよ。

 

文字を綺麗に編んでいくコツ


隙間を作らないように丁寧に編んでいくこと。 隙間ができると文字が歪んでしまいます。

一度結んだらきちんと引き絞め、毎回一定の力で結ぶようにすることがポイントです。

 

難しそうに感じるかもしれませんが、

慣れてくれば自然にできるようになりますよ。

 

時間はかかりますが

手をかけただけ綺麗に仕上がるので、

1文字ずつ心をこめて丁寧に編んでいってくださいね!

 

ミサンガの特集記事

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-アクセサリー, 手芸, 生活, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.