風邪かなと思ったらゆずしょうが湯を飲もう!!作り方を紹介!!


 

なんだか体がだるい、喉がイガイガする、

咳やくしゃみが出る、鼻がむずむずする・・・

 

風邪の症状が出始めたときは、

悪化しないうちに対処することが大切!

 

体の調子にもよりますが、早めに対処すれば

初期症状のうちに風邪をおさえこんで撃退することもできます。

image001
では実際どんな対処法が有効なのでしょうか?

 

早いうちに薬を飲んだり

お医者さんに診てもらったり

する方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

なかなか医者に行く時間がとれない、

できるだけ薬に頼りたくないという場合は

風邪に効果のある食べ物の力を借りましょう!

 

風邪に効果のある食べ物はいろいろありますが、

今回は生姜とゆずのコンビをご紹介。

 

風邪をひくことが増える秋冬に

旬を迎えるゆずには、風邪を予防したり

症状を緩和したりしてくれるパワーがいっぱい!

 

同じく体に良い様々な効能を持つ

生姜と組み合わせれば効果は抜群です。

風邪かな、と思ったときにまず試してほしい、

ゆずしょうが湯についてご紹介していきます!

SPONSORED LINK


風邪になぜいいのか?

image002
しょうがは市販のかぜ薬と同等かそれ以上の

働きをしてくれると言われるほど

風邪に効果のある食べ物です。

 

強い殺菌効果で鼻水や咳、喉の痛みの原因となる

細菌を撃退してくれます。

 

風邪の予防には加熱したしょうがも有効ですが、

ひいてしまってからは

加熱していないしょうがの方が効果的。

 

ですから、

生のしょうがをすりおろして

飲むしょうが湯は風邪をひいてからの対処に

ぴったりなのです!

image003
また、ゆずはウイルスへの抵抗力を強める働きのある

ビタミンCを豊富に含んでいます。

 

さわやかなゆずの香りのもとである

リモネン、ノミニン、シトラールには

抗炎症作用、殺菌作用、疲労回復効果があるので、

のどの炎症や咳を緩和したり、

弱った体の回復を助けてくれたりする効果が期待できます。

 

しょうが湯のぴりっとした刺激や苦みが苦手な方も

いらっしゃるかもしれませんが、ゆずの酸味と香りで

飲みやすく優しい味に変わるので、

 

しょうがの苦手な方にも

ゆずとしょうがの組み合わせはおすすめです。

 

 

作り方

カップに
  • すりおろしたしょうが
  • はちみつなどの甘味料
  • ゆずのしぼり汁
を入れてよく混ぜます。

それぞれお好みで飲みやすい分量に調節してください。

 

目安は甘味料とゆずのしぼり汁が

大さじ1、すりおろししょうがが小さじ1~2です。

 

しょうがは

チューブのもので代用もできますが、

可能であれば生のしょうがを

すりおろして使ってくださいね。

image004
 

風邪に効果のあるビタミンCは果肉よりも

皮に多く含まれているので、ゆずの皮を

すりおろしたり細かく刻んだりして加えてもいいですが、

苦みが出てしまうので要注意です。

お湯を注いでよくかき混ぜたらできあがりです!

 

お湯を注ぐまえに小さじ1ほど片栗粉を加えておくと、

とろりとした口当たりになってさらに体が温まりますよ!


 
アツアツになるのでやけどには注意してくださいね。

 

 -健康食, 食べ物, 飲料

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

春キャベツとは?時期はいつからいつまでのキャベツをそう呼ぶの?

  柔らかく甘い春キャベツ、 春に楽しみな旬の味覚の1つです。   最近では品種

春キャベツを栽培したい方必見!!育て方を紹介!!

  暖かい春の野菜、みなさんは何が好きですか? 様々な野菜が出回る春、この時期に店頭に 並

新玉ねぎとは?他の玉ねぎとの知らなきゃ損する違いを紹介!!

  新玉ねぎが店頭に並ぶのを目にするよう になると、春が来たなぁという気持ちに なりますよ

新玉ねぎの保存はどうすればいいの?保存方法や保存期間を紹介!!

  春の訪れと同時に 食卓にあがるようになる新たまねぎ。   普段は炒め物や煮物

淡路島の新玉ねぎって時期はいつ?何が魅力なのかも紹介!!

  春の訪れと同時に八百屋やスーパーに 新たまねぎや新じゃがいもが並び、 にぎわいを見せる