女子必見!!可愛い制服に変身!?人気のスクールカーディガンとは!?


 

春や秋など

肌寒い季節に必須のアイテムといえば、

そう上着です。

 

中でもカーディガンは、

おしゃれにも見せることもでき、

脱いだり着たりの調節もできるため重宝されています。

 

「普段は学校がありなかなかおしゃれが出来ない」

「制服があまりかわいくない」そんな風に思って、

あなたはもったいない過ごし方をしておりませんか?

 

実は、カーディガンには普段着ている制服ですら

全く別の印象を与えてくれる大切な役割もあります!

 

そこで今回は、

人気のスクールカーディガンをご紹介していきます。

SPONSORED LINK


ステップ1 学校の校則を把握しよう!

感動肌③
はい、これ大切です。

せっかく、おしゃれしたところで

校則違反として捕まってしまっては意味がありません。

 

そのため、校則の範囲内でおしゃれを楽しむためにも、

まずはどこまでの物なら問題ないのか

しっかりチェックしておきましょう。

 

中には、

校則で指定のカーディガンというところもあります。

その場合は、無理せずそのカーディガンを着用しましょう。

 

 

ステップ2 人気のカラ―を知ろう!

image003
では、一体どのような色が具体的に人気なのでしょうか?

早速見ていきましょう!

 

【ネイビー】



圧倒的な人気を誇る此方のネイビーカラ―

言い方を変えれば、いわゆる「紺色」というやつです。

 

なぜ圧倒的に人気なのかというと、

ステップ1で述べた通り「校則」というものがあるからです。

では、具体的にどのような校則なのかというと、

大抵は次のようになっています。

「黒、紺、茶などの落ち着いた色で、ワンポイントのもの」

となっているところが多いようです。

 

あなたのところはどうでしょうか?

多少違っても、概ねの趣旨は

このような事が書いてある場合が大変多いです。

 

そのため、

昔から「ネイビーカラ―」という定番の色が

人気を集めているのです。

 

校則の範囲内で出来る最大限のおしゃれをという、

女子ならではの想いがわかりますね!

 

 

ステップ3 人気の着こなし方を知ろう!

image006
さて、人気の色が分かったところで

人気の着こなし方を見ていきましょう!

今回は制服のタイプ別でご紹介していきます。

 

【セーラー服】

、セーラー服に合った色のカーディガンを見つける

襟の下にカーディガンが来るようなものを選ぶ

、スカーフやリボンを緩めにつける

、萌え袖のようになるように少しだけ大き目の物を選ぶ

 

これがオススメの着こなしです。

色に関しては、セーラー服はリボンやスカーフの色に合わせて

変えていくことがオススメです。

 

【ブレザー】

、シャツの襟をしっかりとしめる

、カーディガンを羽織り、ボタンを閉める

、リボンまたはネクタイなどを閉める

、一番上のボタンを開ける

、ブレザーを羽織る

 

これがオススメです。

ネクタイやリボンは少し長めにして、

だるっとした感じにすることをお勧めします。

 

ですが、崩し過ぎはだらしなく見られてしまうので、

程よく少しだけ崩すようにしましょう。

 

あなたもカーディガンで、

いつもの制服に一工夫を入れて

楽しい学校生活を送ってみてはいかがですか?

 

関連記事

リンク:「目指せ!理想の女子!!オススメのスクールバックとは?」

リンク:「人気のスクールセーターとは!?あなたも制服でおしゃれをしてみませんか?」

リンク:「足元にちょっとしたおしゃれを♪おすすめのスクールソックスをご紹介!」

リンク:「やっぱこれは必要でしょ!オススメのスクールベストをご紹介!」

 

 -衣服, 身だしなみ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

テンピュールの枕は洗えるの?お手入れ方法を紹介!!

  枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗に

エアウィーヴの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕はよく眠れるかどうかを左右する 睡眠の重要なファクターとなっているので 枕選びも非常

パイプの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕は寝る時のお伴で皆さんいろんなものを用いていますが、 きちんと洗わないといろいろと不

メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、