デトックス効果とは?効果が得られる食べ物や飲み物を紹介!!


 

年末の大掃除シーズン、

大量のごみを捨てると気分がスッキリしませんか?

 

身体も同じで、要らないものを排出すると

心身ともにスッキリします。

 

それがデトックス効果で、

「美容」と「健康」に良いとされ、

体の中から綺麗にしてくれます。

 

即効性のある効果ではありませんが、

デトックス効果のある食べ物や飲み物で

体質を改善することにより、

ずっと綺麗で健康な身体を保つことが出来ます。

SPONSORED LINK


デトックス効果とは?

image002

デトックスとは体内に溜まった毒素や老廃物を排出させ、

身体だけでなく心も健康になること

デトックス効果と言います。

 

汗をかくこと、排便をすることもデトックスであり、

岩盤浴などで汗をたっぷりかくとスッキリした気分になりますし、

便秘のときはスッキリせずに不快な気分になるのです。

 

デトックス効果はすぐに表れるとは限りません。

デトックスは少しずつ体質改善する健康法と考えられており、

即効性のある効果を期待するよりも、

身体に無理をさせないようにゆっくりと取り組むことで

持続性の高い効果を得ることが出来ます。

 

 

効果が得られる食べ物は?

image004

デトックスをスムーズに行うのに効果的な

栄養素などがあります。

 

体内毒素のほとんどは尿や便から排出されますので、

スムーズな排出(デトックス)をするためには

食物繊維が大切な役割を果たします。

 

デトックスに効果的な食物繊維

現代の食生活では不足しがちと言われているので、

意識して摂取するようにして下さい。

 

食物繊維はイモ類豆類野菜類キノコ類に多く含まれる

不溶性食物繊維と、

果物類海藻類こんにゃくに含まれる

水溶性食物繊維があります。

 

不溶性食物繊維は

水分を含んでふくらみ腸壁を刺激して排出を促します。

水溶性の食物繊維は

水に溶けて便を柔らかくして排出しやすくします。

 

このように食物繊維をとる際は、

水分も補給するように心がけると効果的にデトックス出来ます。

 

また解毒機能のある肝臓において、

アルファリポ酸はその解毒作用を高めることができます。

 

亜鉛は体内の鉛やカドミウムを取り除き、

さらに新陳代謝や免疫力を高めることが出来るため、

デトックスの効果を高めることが出来ます。

 

アルファリポ酸はにんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜や

ジャガイモ、肉類ではレバーなどに、

亜鉛は牡蠣、レバー、ゴマなどに多く含まれていますが、

これらは食材から効率に摂取するのが難しい食材です。

サプリメントなどで摂取するのが効果的と言えます。

 

 

効果が得られる飲み物は?

image006

デトックス効果がある飲み物として馴染み深いのは

グリーンスムージーで、

緑の野菜や果物を水とミキサーで混ぜ合わせたものです。

 

現代の食生活では野菜や果物は不足しがちですが、

グリーンスムージーなら

野菜や果物を簡単に、手軽に、効率よくたっぷり摂取できるのです。

 

スムージーを作るのは面倒くさいと考えている人には

デトックス効果のあるお茶がおすすめです。

デトックス効果のあるお茶の種類では、緑茶

ローズヒップティーたんぽぽ茶どくだみ茶

バードックティーなどたくさんの種類があり、

これらをデトックスティーという人もいます。

 

そもそもお茶には利尿作用があります。

前述した通り、体内毒素を排出する方法は便尿が効率的です。

 

朝・昼・晩と1日3回ほど飲むのが効果的です。

また利尿作用があることでむくみ改善や便秘解消にも効果があります。

 

 -健康食, 食べ物, 飲料

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

テンピュールの枕は洗えるの?お手入れ方法を紹介!!

  枕は枕カバーを使っていたとしても 汚れてしまうことがよくあり、枕をなんとかして 綺麗に

エアウィーヴの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕はよく眠れるかどうかを左右する 睡眠の重要なファクターとなっているので 枕選びも非常

パイプの枕はどう洗うの?洗い方と乾かし方を紹介!!

  枕は寝る時のお伴で皆さんいろんなものを用いていますが、 きちんと洗わないといろいろと不

メンズの名刺入れで30代に人気のものは?選ばれているものを紹介!!

  社会人の必須アイテム、名刺入れ。 名刺交換の際に相手の目につくものなので、 失礼がない

男性の名刺入れで相手を不快にさせないものは?マナーを紹介!!

  社会人になると 仕事で持ち歩く機会の多くなる名刺。   職種にもよりますが、