リラックスストレッチでおすすめは?日々の疲れにお悩みの方必見!!

投稿日:

 

長時間のデスクワークや立ちっぱなしの仕事

など、身体に負担をかけていませんか?

 

いつも誰かにマッサージしてもらえればいい

ですが、自分で自分の身体をメンテナンス

きれば、お金も時間も節約になります。

 

寝る前に10分間のストレッチを行うと、身

体はリラックスし寝付きが良くなると言われ

ています。

 

質の良い睡眠もとることができ、身体のコン

ディションを常に良い状態に保つことができ

るので、ストレッチを毎日の習慣として取り

入れていきたいですね。

 

それでは、簡単に行えるリラックスできるス

トレッチ方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

【ストレッチが睡眠の質を高める】

休息

身体が疲れたまま眠りにつくと、翌朝目覚め

てもまだ身体はだるいまま・・・ということ

がありますよね。

 

それは睡眠の質の低下が原因かもしれません。

 

何か悩みやストレスがある、就寝30分〜1

時間前に食事をしているなどは、睡眠が浅く

なる原因の一つです。

 

そして長時間のデスクワークや運転による

痛や肩こり、立ちっぱなしによる足の浮腫み

など、身体が疲れたままでは、いくら寝てい

てもしっかり疲れは取れていません

 

慢性的な疲れになってしまう前に、自分でメ

ンテナンスをすることが大切で、簡単なスト

レッチは、その日の疲れはその日のうちに取

り除くことができる方法です。

 

ストレッチのもう一つの効果が、自律神経を

整えることです。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つ

あります。

 

昼間は活発に活動しているので交感神経が優

位になり、就寝前などリラックスしている時

副交感神経が優位に働いています。

 

この2つの自律神経のバランスが良い状態だ

と、活動するときと休むときのメリハリが生

まれます。

 

忙しい生活を送っていると、このバランスは

崩れがちで、本来はリラックスしているはず

睡眠前に交感神経が働いてしまい、睡眠が

浅くなってしまいます。

 

そしてこのバランスが崩れると、脳内から作

り出される”セロトニン”という物質が不足

します。

 

セロトニンはストレスを緩和し、感情や気分

の浮き沈みをコントロールしてくれる、精神

の安定に大事な物質です。

 

短時間でもいいのでストレッチを毎日の習慣

にすることで、自律神経を整えていきましょ

う。

 

【手軽にできるストレッチ方法】

自律神経のバランスが乱れると、ホルモンバ

ランスの崩れ、代謝の低下、イライラしやす

くなります。

 

心と体を整えるリラックスヨガ 夜寝る前におすすめ☆

 

1 長座の状態で座ります。

 

2 右足を左足の上に乗せ、骨盤はしっかり

  と立てます。

 

3 ゆっくりと息を吸い、吐きながら前に

  れます。

 

  持てる方は左足のつま先を、届かない方

  床に手をついて前屈し、ゆっくりと呼

  吸します。

 

  足の疲れやむくみを取ります。

 

4 息を吐きながら、上体を起こします。

 

5 上体を起こしたら、右足を曲げ、両手を

  左側につきます。

 

6 左側の腰は横向きにして床につけます。

 

7 左手に重心をかけながら、左側の体側を

  伸ばします。

 

  体側を伸ばすことで、肝機能が活性化

  れます。

 

  また腸が刺激され、老廃物が外に流れ

  すくなります。

 

8 右足を後ろに折り、まっすぐ座ります。

 

9 肘をゆっくりと肩の下に置き、足の付け

  根の腸腰筋を伸ばします。

 

  上体を後ろに倒せる方は、背中と頭を床

  に付けリラックスします。

 

  腰が反らないように、吐く呼吸で腰を床

  に沈めます。

 

10 右足を抜き、右膝を抱えます。

 

11 右膝を左側に倒し、両手は床に広げま

   す。

 

   きつくない方は首を左に傾け、そうで

   ない方は天井を見上げリラックスしま

   す。

 

12 腰を元の位置に戻し、右膝を抱えます

 

13 右足を上に伸ばし、両手でふくらはぎ

   を持ち、息を吐きながら足を上体に近

   づけます。

 

14 顎を持ち上げて、右足に近づけます。

 

15 身体を元の長座の状態に戻します。

 

16 左足も同様に行います。

 

17 左足も終わったら、両膝を抱えながら、

   ゴロンゴロンと転がります

 

18 そのまま少し反動をつけながら上体を

   起こします。

 

19 床に座り、足の裏と裏を合わせてひし

   形を作ります。

 

20 両手の平を上に向け、ふくらはぎの下

   から手を入れます。

 

21 肘まで床に付け、息を吐きながらゆっ

   くりと上体を前に倒します。

 

22 上体を元に戻して終了です。

 

約20分のヨガストレッチ、気持ちよく身体

が伸びてリラックスすることができますよ。

   

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-健康, 運動

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.