肉の冷凍方法で注意する点は?いつまで保存できるの?を紹介!!

投稿日:

 

食材を冷凍保存しておくと、いざという時に

さっと使えてとても便利

 

安売りしている時にまとめ買いして、冷凍室

にストックしている人は多いですよね。

 

お肉を美味しく食べることができるように、

冷凍する際に注意した方がいい点はあるので

しょうか?また、どれくらいの期間を目安に

食べきればいいのでしょうか?

 

それでは肉の冷凍方法で注意する点は?保存

期間も合わせてご紹介します。

SPONSORED LINK

【お肉の冷凍方法】

冷蔵庫

お肉はナマ物なので、お買い物が終わったら

なるべく早く自宅の冷蔵庫へ。

 

温度変化があるとお肉からドリップが出てし

まうので、できるだけ温度変化を与えずに、

素早く冷凍保存するようにしましょう。

 

お肉の買い物は一番最後

お肉は温度変化を嫌います。

 

スーパーを順番に回って買い物するなら、

い物かごにお肉を入れるのは一番最後にしま

しょう。

 

また冷蔵庫に入れるまでに時間がかかりそう

なら、エコバックの他に保冷袋も用意してお

きましょう。

 

スーパーにある無料の氷をお肉と一緒に詰

ておけば、暖かい日のお買い物でも安心です。

 

お肉は空気に触れないように保存

お肉は空気に触れると酸化が進んでしまいま

す。

 

雑菌やカビの繁殖の原因になりますので、

ップにピッタリ包んで保存しましょう。

 

そしてお肉は買ってきたトレーのまま冷凍し

ないで、トレーから出してラップに包んで冷

してください。

 

使いやすい量に小分けして保存

できるだけ早く凍らせるために、塊にしない

薄く小分けにしてラップで包みましょう。

 

1回に使う分に小分けしておけば、使いたい

時に使いたい量をすぐに解凍することができ

るので便利です。

 

急速冷凍

お肉を小分けに包んだら、素早く冷凍しまし

ょう。

 

冷蔵庫に急速冷凍機能があればそこへ、ない

場合は熱伝導のいいアルミのトレーに置いて

冷凍室に入れてください。

 

そのまま冷凍室に入れるよりも、冷凍時間が

早くなります。

 

空気を抜いて冷凍保存

冷凍保存するときはジップ袋などに入れて、

しっかりと空気を抜きましょう。

 

密閉していないと酸化したり、霜がつきやす

くなります。

 

♥ 冷凍用のジップ袋を使えば、低い温度にも

えることができて、電子レンジでそのまま

にも使えます。

 

【冷凍したお肉はいつまで保存できるの?】

料理

冷凍保存の基本は、鮮度がいいうちに密閉保

です。

 

お肉をいかにいい状態で冷凍できるかは、

肉の鮮度が大切です。

 

お肉を買ってきたらその日のうちに冷凍する

か、すぐに食べきるようしましょう。

 

すぐに使うつもりだったから冷蔵庫に入れっ

ぱなし、その後冷凍保存に切り替えても、す

でに鮮度は落ちてしまっています。

 

冷凍保存とはいえ、お肉の脂肪やたんぱく質

時間が経過すると変化してしまいます。

 

脂肪が変化しにくいのはマイナス30℃以下

ですが、家庭用の冷凍庫はマイナス18℃前

後なので、長期保存には向いていません。

 

お肉を長期冷凍すると酸化や乾燥の原因にな

るので、お肉を美味しく食べるなら1ヶ月以

内には食べきるようにしましょう。

 

いつ買った食材なのかわかるように、保存し

ジップ袋に日付を書き込んでおくと、使い

忘れを防ぐことができます。

 

また冷凍庫の開け閉めをすると、庫内の温度

が上がってしまいます。

 

お肉だけにかかわらず他の食材にもよくない

ので、頻繁な開け閉めはあまりしない方がい

いでしょう。

 

また食材を長期間保存しておくと、”冷凍焼

け”が生じていることがあります。

 

冷凍焼けしたお肉は、くすんだ色になり表面

が乾燥しています。

 

空気に触れる状態で冷凍していたり、冷凍と

解凍を何度も繰り返していると、冷凍焼けが

生じます。

 

お肉の状態が悪くなると味が落ちて美味しく

ないので、冷凍焼けしないようにしっかりと

密閉保存するか、早めに食べきるようにしま

しょう。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-生活, 百科事典

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.