フライパンで急ぎで肉を解凍する方法は?おすすめのやり方を紹介

投稿日:

 

お肉を使おうと思ったら解凍するのを忘れて

いた!こんなときにオススメの裏技的な解凍

方法

 

食材の解凍方法は色々ありますが、今回はど

この家でもあるフライパンを使ってお肉を素

早く解凍してみましょう。

 

それではフライパンで急ぎで肉を解凍する方

法は?オススメの方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

【すぐにお肉を解凍したい!フライパンを2個使った解凍方法】

目玉焼き

フライパン2個、水、冷凍された肉を用意し

てください。

 

早く解凍するには一番熱伝導のいアルミ製

フライパンがオススメ、なければ鉄製やステ

ンレス製でも大丈夫です。

 

フライパンが2個なければ、鍋やバットなど

でも代用可能です。

 

フライパンを使った冷凍肉を早く解凍する方法

 

1 フライパンに約3cmほど水を入れます。

 

  ※お湯の方が早く解凍できますが、肉に

  熱が通り過ぎてしまわないように常温の

  を使いましょう。

 

2 もう一つのフライパンを裏返し、その上

  に冷凍肉を乗せ、水を入れたフライパン

  を肉の上から重ねます。

 

3 食材の量や厚みにもよりますが、約20

  0gの肉が5分程度で解凍することができ

  ます。

 

フライパンを使った時短解凍を上手にする

イントは、食材を冷凍する時になるべく平

にして冷凍することです。

 

早く解凍するには、食材とフライパンの接地

面積が大切で、接地面が大きいほど食材に熱

が伝わりやすく、早く解凍することができま

す。

 

フライパンとフライパンの間に食材を挟んで

も安定するという目的もあります。

 

また気温も食材に熱を伝える要素の一つなの

で、室温が暖かい場合は解凍具合を見ながら

行ってください。

 

鳥もも肉のような丸みがあって、平らでな

肉を解凍したいときは、フライパンよりも

い鍋を使用します。

 

鍋に水を入れ、ジップ袋やビニール袋に入れ

た冷凍食材を鍋に入れます。

 

肉に水が触れてしまわないように、ジップ

袋やビニール袋の口をしっかりと閉じてくだ

さい。

 

一回り小さな鍋か、お皿を食材の上に重ね、

食材が浮いてこないようにペットボトルなど

で重石をします。

 

どうしてフライパンで解凍ができるの?

フライパンを2個使った解凍方法は、素材の

熱伝導の性質をうまく利用した方法です。

 

熱伝導とは高い温度から低い温度に熱が移動

していく性質のことですが、フライパン、常

温の水、気温などが冷凍食材に伝わることで

早く解凍することができます。

 

アイスクリーム専用スプーンもこの熱伝導の

性質を利用したもので、体温が手からスプー

ンに、スプーンからアイスクリームに伝わり、

アイスがちょうどいい溶け加減になります。

 

【数分でお肉が柔らかくなるフライパン解凍】

道具

1 水70mlをフライパンに入れ、冷凍した

  肉をジップ袋のまま入れます。

 

2 フライパンに蓋をして、そのまま強火で

  約3〜4分加熱します。

  焦げないように注意してください。

 

3 火を止めて、約1分余熱で蒸します。

  食材が完全に解凍する手前で取り出しま

  しょう。

 

上手に解凍するポイントは、食材を取り出す

時以外は蓋を取らないことです。

 

蓋を取らないことで、フライパンの中の”凝

縮熱”がふっくらしっとりと肉を解凍してく

れます。

 

蒸し焼きにするので肉から水分も逃げません

 

肉の形状によっては火が通り過ぎてしまった

り、温度差が激しいのでドリップが出やすく

なりますが、解凍した肉はそのまま調理に使

ことができます。

 

♥ 解凍している間に他の食材の下ごしらえが

きる、一石二鳥な解凍方法です。

 

凝縮熱って何?

凝縮熱とは気化熱のことです。

 

フライパンに入れた水が蒸発することで熱が

発生し、その熱が肉の内部まで伝わり解凍

ることができます。

 

調理途中に肉の量が足りないことに気がつい

ても、すぐに解凍して調理に使えるので、知

っておくと何かと便利な裏技です。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-生活, 百科事典

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.