50代で代謝を上げるには?おすすめの方法を紹介!!

投稿日:

 

”代謝がいい”と聞くと、太りにくく痩せや

すいというイメージですが、代謝は疲れやす

さ、冷え性、便秘など、体の様々な不調に関

係しています。

 

代謝には基礎代謝と活動代謝の2種類ありま

す。

 

内臓を動かしたり、体温を維持したりなど、

生命を維持するために最低限必要なエネルギ

ーを”基礎代謝”体を動かすことで消費す

るエネルギーを”活動代謝”といいます。

 

代謝のピークは10代前半と言われているの

で、年齢とともに代謝効率が落ちてしまうの

は仕方がないことですが、ちょっとしたこと

を意識するだけで、代謝は上げることができ

ます。

 

年齢だからと諦めず、健康や美容の維持のた

めに、代謝のいい体を作っていきましょう。

 

それでは、代謝を上げるおすすめの方法をご

紹介します。

SPONSORED LINK

【代謝を効率的に上げるには?】

人物

基礎代謝と活動代謝の2種類のうち、私たち

が1日に消費しているエネルギーの約6割が

基礎代謝です。

 

活動代謝は全体の約3割ほどで、運動量が多

い人ほど高くなります。

 

運動をしていないのに太りにくい人は、この

基礎代謝が高い人と言えます。

 

この基礎代謝を上げるのに重要な働きをして

いるのが”肝臓”です。

 

食事から摂取した糖質は、胃や腸で吸収・分

解され、グリコーゲンとして肝臓に蓄えられ

体のエネルギー源として使われます。

 

エネルギー源は動脈を通って体のあちこちに

分配され、不要になった老廃物は再び静脈を

通って肝臓に戻され、再利用されるか体外に

排出されます。

 

肝臓は体のエネルギー源を作り出す大事な場

所なので、肝臓の機能が高まると、基礎代謝

が上がるということです。

 

ですが肝臓は24時間動き続けている臓器な

ので、使いすぎると肝臓に大きな負担になり

ます。

 

お酒の飲み過ぎや食べ過ぎなどは、肝機能の

低下を招き、肝臓に脂肪が蓄積されやすくな

るので気をつけましょう。

 

肝臓をケアしてあげることが、代謝低下防止

に繋がります。

 

基礎代謝アップと合わせて、活動代謝アップ

も意識すればさらに体にいい変化が現れま

す。

 

活動代謝アップには筋肉が重要な役割をして

います。

 

筋肉量が多いほど活動代謝はアップしますの

で、適度な運動や筋トレを日常生活に取り入

れたいですね。

 

【代謝をアップさせる方法】

ウォーキング

人物

まずは定期的に体を動かす習慣づくりをしま

しょう。

 

一番簡単でおすすめの方法は、いつでもどこ

でもできるウォーキングです。

 

ウォーキングは全身をバランスよく動かすこ

とができる全身運動なので、下半身だけでな

体全体のダイエットに効果的です。

 

特にウエスト周りの脂肪が気になる人は、姿

勢良く、やや早めの速度のウォーキングを3

ヶ月ほど続けると効果が現れます。

 

筋トレ

筋肉量が多いほど、活動代謝は上がります。

そして効率的に筋肉量を増やすなら、筋肉量

が多い太ももの筋トレがおすすめです。

 

エスカレーターを階段に変える、毎日10回

のスクワットをするなど、小さなことから

めてみましょう。

 

栄養バランスのとれた食事

野菜

食事量を減らしすぎると、体は飢餓状態と勘

違いします。

 

体に栄養を溜め込もうとして太りやすくなる

だけでなく、栄養バランスの偏りから、必要

な栄養が得られず内臓機能がうまく働かなく

なります。

 

高カカオチョコレート

チョコレートに含まれるポリフェノールは、

弱った肝臓の機能を高める効果があります。

 

カカオ含有量70%以上の高カカオチョコレ

ートを、1日25g(約5カケ)を目安に食

べてください。

 

少しずつ分けて食べる方が効果的なので、

昼夜1日5回に分けて取り入れてください。

 

またチョコレートは食欲を抑える効果がある

ので、食前に食べることで自然と食事量を減

らすことができますよ。

 

健康や美容維持のためにも、代謝を下げない

努力は必要です。

 

年齢とともに代謝は下がってしまうので、

常的にできることを心がけて、上手にコント

ロールしていきたいですね。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-ダイエット, 健康, 美容, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.