デトックスウォーターの作り方は?梅干しを使った美味しくなるレシピを紹介!!

投稿日:

 

健康や美容に

とても効果的なデトックスウォーター。

 

水や炭酸水にお好みのフルーツや野菜、

ハーブ入れて作るだけでとても簡単で、健康

や美容に良いと人気が高まっています。

 

溜まった毒素や老廃物は体の外側に排出する

ように促し、食材に含まれる豊富な栄養素は

体に取りこみます。

 

水分補給と同時に不足しがちな栄養はしっかり

と補うことができるので、体にいいことづくめ

のドリンクです。

 

今回はフルーツの中でも栄養価が高い梅

使ったデトックスウォーターを見ていきましょう。

 

梅に含まれる有機酸や、豊富に含まれる栄養素

が、体に様々な良い効果をもたらしてくれます。

 

それでは梅を使った、オススメのデトックス

ウォーターの作り方をご紹介します。

SPONSORED LINK

デトックスウォーターに梅干しを使う良さは?

梅

梅には体にうれしい栄養価がたくさん含まれ

ています。中でも豊富なのが、クエン酸リン

ゴ酸コハク酸などの有機酸です。

 

梅に含まれる栄養価はフルーツの中でも高く

たんぱく質、カルシウム、ビタミンA・B1・B

2・C、カリウム、ミネラル、鉄、リンなど

含まれています。

 

カルシウムはリンゴの4倍、鉄はリンゴの

6倍含まれています。

 

人間の体は代謝が悪いと、疲れや老廃物が溜

まりやくすなり、生活習慣の原因に繋がります。

 

最近体が疲れやすいなと感じている方は、梅の摂取がとても効果的!

梅に含まれるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸

が代謝を促し、細胞を活性化させることにより、

エネルギー変換がスムーズに行われます。

 

そして、酸味を感じるクエン酸は、唾液の分泌

を促します。

 

唾液が増えると食欲が増し、胃液や消化酵素の

分泌を高め、食べ物の消化吸収を助けます。

 

腸の働きを活発にするピクリン酸は、含まれて

いる量は微量ですが、便秘解消に効果的です。

 

健康面だけでなく、美容や疲労回復など、

いろいろな効果が期待できそうですね。

 

 

梅干しを使ったデトックスウォーターの作り方

梅干し、レモン、大葉を使ったデトックスウォーター

輪切りのレモン

 

◎材料

  • 梅干し 1個
  • レモン スライス1枚
  • 大葉 1枚
  • 水または炭酸水 500ml

 

◎作り方

  1.  大葉は水で洗って、キッチンペーパー
    で水気を拭き取ります。
  2.  レモンを5mm〜1cm幅でスライスします。
  3.  容器に梅干し、レモン、大葉を入れ、
    水か炭酸水を注ぎます。冷蔵庫で6時間
    ほど置いて出来上がりです。

梅干しをよく潰すと、飲みやすく美味しい

ですよ。お好みで蜂蜜を加えても良いです。

 

梅とはちみつを使った温かい梅湯

蜂蜜

 

◎材料

  • 梅干し 1個
  • はちみつ 適量
  • お湯 カップ1杯

 

◎作り方

  1.  カップに梅干し、お好みではちみつ
    を入れて、お湯を注ぎます。

 

梅干しとお湯だけでも、冷え性改善に効果的です。

お好みで殺菌効果のあるはちみつや、スライス

した生姜を加えてもいいですよ。

 

梅ジャムを使ったデトックスウォーター

 

梅の下ごしらえ

 

◎材料

  • 完熟梅 500g
  • 水 1L
  • 砂糖 150g

 

◎作り方

  1.  コップに完熟梅を入れて、水または
    炭酸水を注ぎます。冷蔵庫で数時間置い
    てから飲んでください。

※デトックスウォーターとして使用した後

の完熟梅は、梅ジャムにします。

  1.  デトックスウォーターとして使用した
    完熟梅を鍋に入れます。
  2.  実を潰しながら、柔らかくなるまで弱火
    で煮ます。種は取り除きます。
  3.  ”3”に砂糖を加えて煮詰めます。
    お好みの濃度になるまで煮詰めたら、梅
    ジャムの出来上がりです。

 

♥ 作った梅ジャムに

炭酸水を加えて飲んでも美味しいですよ。

 

作り方はとても簡単、お好みでアレンジもでき

るので、飽きずに続けられそうなところがいい

ですよね。

 

自宅で飲むだけでなく、マイボトルに入れて

外出先に持っていくこともできます。

 

デトックスウォーターに即効性はありませんが、

毎日の日課にすることで徐々に体調は変化し始

めます。ぜひ続けて飲んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-健康食, 食べ物, 飲料

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.