夏休みの沖縄旅行で知らなきゃ損する場所は?おすすめを紹介!!

投稿日:

 

夏休みに沖縄旅行を計画しているなら、

ゆったり過ごすことができる離島を訪れて

みませんか?

 

石垣島や西表島のような、飛行機の乗り継ぎ

が必要な遠い島ばかりではありません。

 

実は、沖縄本島から日帰りで行ける、魅力的

島はたくさんあります。

 

それでは、沖縄旅行で知っておきたい、本島

から日帰りで行ける離島をご紹介します。

SPONSORED LINK

船で行ける沖縄の離島

水納島(みんなじま)

離島

アクセス:渡久地港から
高速船”ニューウィングみんな”で約15分

 

水納島 は上空から眺めるとクロワッサンの

ような三日月の形をした、”クロワッサン

アイランド”と呼ばれる島です。

 

カラフルな熱帯魚やサンゴ礁を見ることが

できる、最高のシュノーケリングポイントです。

 

水納ビーチは透明度の高い海と白い砂浜が

美しい、オススメのビーチです。

遊泳水域はブイとネットで囲まれているので、

小さなお子様も安心して遊ばせることができます。

 

シュノーケリングツアーや体験ダイビング

など、様々なマリンスポーツも楽しむことが

できますよ。

 

ナガンヌ島

アクセス:那覇市の泊港(とまりこう)から
船で約20分※株式会社とかしきのツアー便

 

ナガンヌ島は細長い形をした無人島で、沖縄

の方言で細長いことを”ナガンヌ”と言うこと

から、ナガンヌ島と呼ばれています。

正式名称は慶伊瀬島(けいせじま)です。

 

島周辺の海域はサンゴ礁に囲まれていて、

シュノーケリングやダイビングにオススメです。

 

ナガンヌ島は無人島ですが設備が整っていて、

オーシャンウォーク、ウェイクボード、アク

アパークなど様々なマリンスポーツを楽しむ

ことができます。

 

ナガンヌ島は島全体が貝殻やサンゴのかけら

など、コーラルサンドでできていてます。

 

島はウミガメや海鳥の産卵場所にもなって

いて、絶滅危惧種の海鳥も訪れます。

 

環境の維持や保護をするために、島内への飲食

物の持ち込みは禁止されています。

※水質を守るため、シャンプーや石鹸などは

利用できません。(エコ系洗剤は使用すること

ができます。)

 

渡嘉敷島(とかしきじま)

離島

アクセス:那覇市の泊港(とまりこう)から
フェリーで約70分、高速船で約35分

 

慶良間諸島で一番大きな島が渡嘉敷島です。

”ケラマブルー”と呼ばれる透明度の高い海と、

日本のサンゴの約6割、約250種もの豊富な

サンゴが有名で、ダイバーに人気の高い場所です。

 

ウミガメを見ることができる”渡嘉志久ビーチ”、

海が浅く波が穏やかな”阿波連ビーチ”が有名です。

 

他にも海水浴スポットがたくさんあるので、

本島から日帰りで訪れる方が多い島です。

 

座間味島

アクセス:那覇港から高速船で
約50〜70分、フェリーで約90〜120分

 

慶良間諸島で

2番目に大きい島が座間味島です。

 

阿真集落から歩いて数分の場所ある阿真ビーチ

は、ホエールウォッチングやウミガメの産卵地

として有名です。

 

冬はクジラが繁殖や

子育てのために慶良間海域周辺に現れます。

 

伊是名島(いぜなじま)

アクセス:今帰仁村の運天港からフェリーで
約55分

 

伊是名島は昔から変わらない赤瓦屋根の集落、

サンゴの石垣が魅力的なとても小さな島です。

 

車を使えば30分ほど、自転車でも4時間

ほどで島を一周できてしまいます。

 

農民から琉球国王になった尚円王出生の地

として有名な場所で、多くの歴史的文化財や

遺跡が残されています。

 

ビーチから200〜300mの近さで、希少な

美しいテーブルサンゴを見ることができて、

SUPに乗って移動するシュノーケルツアー

無人島体験を楽しむことができますよ。

 

離島

本島からアクセスがしやすいので、ぜひ訪れて

みたい島ばかりですよね。

 

離島では手付かずの大自然、透明度の高い

美しい海、ゆっくりと流れる時間、本島とは

違った沖縄を味わうことができますよ。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-旅行・おでかけ, 楽しむ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.