痛い日焼けは何日続くの?ケア方法も紹介!!

投稿日:

 

日焼けとは、肌が紫外線を浴びることに

よって炎症を起こしたり、皮膚の色が茶色く

変化した状態です。

 

紫外線は波長の長さによって、

A波(UV−A)、B波(UV−B)、C波(UV−C)

の3種類に分類されます。

 

肌に与える影響はそれぞれ違っていて、UV−A

は肌の弾力がなくなり、顔のシワやたるみの

原因に、UV−Bは肌が赤くなったり、日焼けで

肌が茶色くなる原因になります。

 

UV−Cは、紫外線の中で一番波長が短く、

UV−Bよりも危険な紫外線ですが、オゾン層

に守られていてまだ地表には届いていないと

言われています。

 

ヒリヒリと痛い日焼けは、このUV−Bが

大きく影響していますが、一体どれくらい

の期間、この痛みは続くのでしょうか?

 

それでは、日焼けによる痛みはどれぐらい

の期間続くのか、ケア方法と合わせて見て

いきましょう。

SPONSORED LINK

日焼けの症状

海辺で休憩中

日焼けの症状には、肌が赤くなる”サンバーン”

と、肌が小麦色に変化する”サンタン”があります。

 

サンバーン

肌が赤くなるサンバーンは、UV−Bが大きく

関係しています。

UV−Bは、紫外線全体の5%と照射量は少ない

ですが、肌に与える影響はUV−Aよりも強いです。

 

紫外線を浴びてから数時間経過すると皮膚が

赤くなり、その後ヒリヒリとした痛みが現れ

ます。

 

これは”日光皮膚炎”と言われていて、軽度の

やけどと同じです。

 

なぜ日焼けすると赤くなるのでしょうか?

皮膚の赤みは、紫外線によって血管が広り、

肌の細胞が傷つくことで起こります。

 

紫外線を浴びる量が多いと肌細胞を壊して

皮膚の赤み、火照り、痛み、ひどい時は水泡

ができます。

 

赤く日焼けした症状はいつまで続くの?

サンバーンは紫外線を浴びてから、だいたい

3〜4日で落ち着き、そのあと2週間ほどで

日焼けした皮膚が剥がれ落ちます。

 

水ぶくれができるほどの激しい症状の場合

は、治るまでにさらに時間がかかりますし、

あとが残る可能性があります。

 

サンタン

紫外線を浴びてから数日経過すると、肌は

小麦色に変化します。

 

肌が小麦色に変化するのはUV−Aによる働き

で、ほとんど痛みはありません。

個人差はありますが、サンタンの場合、元の

白い肌に戻るまでに数週間〜数ヶ月かかります。

 

紫外線を浴びると、サンバーンになる人と、

サンバーンにならずサンタンになる人がいます。

 

もともと色黒の人はメラニン色素を多く持って

いるので、紫外線に対して強いですが、色白の人

はメラニン色素が少ないので、すぐにサンバーン

になってしまいます。

 

紫外線を浴びた後、肌が赤くなるだけで黒く

ならないタイプの場合、紫外線に弱い方が多いです。

 

 

日焼け後のケア方法

オレンジ

  • 冷やす

日焼けで肌に赤みが出たら、早めに冷やしましょう。

日焼けは軽度のやけどですので、早めにクール

ダウンさせることで、やけどの進行を抑えること

ができます。

 

  • 水分補給する

日焼け後は肌が火照って熱をもっています。

乾燥するのは肌の表面だけでなく、体内の

水分も蒸発しやすいので、脱水症状にならない

ように、水分補給はこまめに行いましょう。

 

  • 保湿する

肌から失われた水分は、化粧水でしっかりと

補います。肌の刺激にならないようにアルコール

が含まれていないものや、保湿力の高いセラミド

入りの化粧水を選ぶと良いでしょう。

 

日焼けの症状が少し落ち着いたら、ビタミンC

誘導体が配合された化粧水で、メラニン生成の

抑制や、シミ対策も行いましょう。

 

  • ビタミン補給をする

肌の再生に欠かせない

のがビタミンC、ビタミンEです。

 

体の内側と外側の両方からアプローチして、

メラニン生成の抑制やシミ・ソバカス対策を

行いましょう。

 

日焼け後のケア方法は、

下記の記事も参考にしてみてください。

痛い日焼けを何とかしたい!!ケア方法でおすすめを紹介!!

 

日焼けをしてしまったら、

まずはよく冷やして肌の様子をみましょう。

 

数日経っても

痛みや腫れが引かないようなら、自己判断は

せずに病院で診察してもらってくださいね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.