痛い日焼けを何とかしたい!!ケア方法でおすすめを紹介!!

投稿日:

 

日焼け止めを塗って日焼けしないように

気にしていたつもりでも、気がつくと日焼け

していますよね。

 

日焼けした肌がヒリヒリと痛いのは、軽い

やけどと同じだからです。

日焼け後の肌はとてもデリケートなので、

すぐにケアしてあげることが大切です。

 

それでは、ヒリヒリと痛い日焼けした肌の

ケア方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

紫外線とは?

天気がいい日

太陽の光には、”可視光線”、”赤外線”、”X線”、

”ガンマ線”、そして”紫外線”があります。

 

紫外線は波長によって、A波(UV−A)B波

(UV−B)C波(UV−C)の3種類あり、肌に

与える影響はそれぞれ違います。

 

  • UV−A

UV−Aは地球上に届く紫外線量の95%を占め

ていて、体が浴びた紫外線の約20〜30%が、

肌の表皮よりも奥の真皮層まで届くと言われて

います。

 

UV−Aは真皮のコラーゲンやエラスチンを壊し

て肌の弾力をなくし、顔のシワやたるみの原因

になります。

 

そして、UV−Aは曇や窓ガラスも通してしまう

ので、室内や曇りの日でも対策が必要です。

 

  • UV−B

UV−Bが地球上に届く紫外線の、わずか5%と

照射量は少ないですが、肌に与える影響はUV−A

よりも強いです。

 

UV−Bは肌の真皮層までは届きませんが、肌

の表面で吸収され細胞を傷つけます。

 

肌が赤くなるサンバーンや、日焼けで肌が茶色

くなるサンタンを引き起こすのは、このUV−B

の影響です。

 

  • UV−C

UV−Cは、オゾン層に守られているので、まだ

地球上に届いていないと言われています。

 

UV−Cは、A波、B波、C波の中で、一番波長が

短く、UV−Bよりも危険な紫外線です。

 

このままオゾン層の破壊が進めば、紫外線は

ますます強くなりますし、肌がUV−Cの影響を

受ける可能性も出てきます。

 

 

日焼けのケア方法

シャワー

肌をよく冷やす

日焼けをしてしまったら、まずは日焼け後の

肌をよく冷やしましょう。

 

日焼けした肌は軽いやけどと同じなので、肌が

赤くなり熱を持っています。

 

水風呂や冷水シャワー、保冷剤などを使って

すぐに冷やしてあげることで、肌の赤みやほてり

は引いていきます。

 

海水浴やスポーツなど屋外に長時間いる可能

性が高いなら、凍らせたペットボトルをあら

かじめ持っていくと便利ですよ。

 

保水・保湿をする

日焼け後の肌はとても乾燥しやすく、乾燥から

かゆみが起こります。

 

安い化粧水で構いませんので、化粧水でたっぷり

と保水してから、乳液やクリームなどで保湿しま

しょう。

 

化粧水は冷蔵庫で冷やしてから使うと、肌が

ひんやりしてとっても気持ちがいいですよ。

 

また、乾燥しているのは肌の表面だけでは

ありません。水やスポーツドリンクをいつも

よりも多めに飲んで、体の中からも水分補給

をしてください。

 

肌に刺激を与えない

化粧品

日焼け後の肌はとてもデリケートなので、

ちょっとした接触も刺激になります。

 

衣類の繊維がチクチクしたり、下着のゴムや

ワイヤーが当たる部分がかゆくなったりします。

 

なるべく刺激の少ないコットンやシルク、

締め付けの少ない素材を選びましょう。

 

また化粧をするなら、お湯や石鹸だけで落とせる

薄めの化粧にしましょう。

 

肌が乾燥していると化粧のりが悪く、パウダー

の浮きが気になると思います。

 

そんな時は、少量のワセリンを薄く肌にのせて

あげると気にならなくなりますよ。

 

ビタミン補給

ビタミンCやビタミンEは

日焼け後の肌にとても良い栄養素です。

 

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えてシミや

ソバカスを抑える働きがあります。

 

ビタミンEは、高い抗酸化作用があり、活性酸素

を除去する働きがあります。

 

ビタミンCはビタミンEの抗酸化力を回復する

効果があるので、ビタミンCとビタミンEを同時

に摂取すると、より効果がアップしますよ。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.