日焼けの水ぶくれの対処方法は?おすすめを紹介!!

投稿日:

 

紫外線は肌に様々な影響を与えるので、

まずは日焼け止めなどで肌をしっかりと保護

することが大切です。

 

それでも開放感からか、

ついつい日焼けしてしまう時がありますよね。

気が付いた時には肌が真っ赤で、体が火照って

いたりします。

 

日焼けは

軽度の火傷のようなものなので、症状がひどい

と水ぶくれができてしまうことも!

 

水ぶくれから肌が化膿したり、あとが残ること

もありますので、早めのケアが大切です。

 

それでは、日焼けで水ぶくれができた時の

対処法をご紹介します。

SPONSORED LINK

肌が日焼けする原因

サングラス

紫外線は、太陽光の中でも波長が短く、エネルギー

が高い光です。

 

紫外線の種類

波長によって、UV−A・UV−B・UV−Cの3つに

分かれていて、波長が短いほど肌に与える影響は

強いです。

 

地球上に届いている紫外線は、

UV−Aが95%、UV−Bが5%と言われています。

 

UV−Aは

肌への浸透力がとても高く、浴びた紫外線量

の約20〜30%が肌の表皮よりも奥の真皮層

まで届きます。

 

真皮のコラーゲンやエラスチンを壊し、顔の

シワやたるみ、肌の弾力がなくなるなど、

UV−Aは肌老化が進む原因です。

 

UV−Aは曇や窓ガラスも通すので、曇りの日

でも注意が必要です。

 

UV−Bは

肌の表面で吸収されて、表皮の細胞を傷つけます。

肌が赤くなったり、メラニン色素が増えて

日焼けする原因は、このUV−Bが影響しています。

 

UV−Bが地球上に届く量は、わずか5%と

少ないですが、肌に与える影響はUV−Aよりも

強いです。

 

UV-Cは

UV−Cが一番波長が短く危険な紫外線ですが、

今はオゾン層に守られていて、地球上に届いて

いません。

 

ですが

オゾン層破壊の影響で、紫外線はますます強く

なっています。UV−Cの危険性も今後は出てくる

かもしれません。

 

 

水ぶくれはなぜできる?

日焼け止め薬

紫外線をたくさん浴びると、UV−Bの影響で

肌が赤くなります。

 

日焼け止めを使用したり、なるべく直射日光

に当たらないなど、まずは紫外線から肌を守る

ことが大切です。

 

日焼けは軽い火傷のようなものなので、水ぶくれ

になるということは、II度の熱傷に相当します。

水ぶくれになっても、絶対に潰さないようにして

ください。

 

特に夏は水ぶくれが化膿する危険や、化膿から

あとが残る可能性もあるので、菌が皮膚の中に

入らないように注意してください。

 

約2週間ほどで、水ぶくれの下に新しい皮膚が

生まれますので、触らずに優しくケアしましょう。

 

 

日焼け後の対処法

シャワー

  • 肌をよく冷やす

日焼けで肌が赤くなったり、ヒリヒリして熱を

もつようでしたら、すぐに肌を冷やして炎症を

抑えてください。

 

冷水シャワーや水風呂、凍らせたタオルを肌に

そっとのせるなど、しっかりとクールダウン

させます。

 

石鹸やボディソープも刺激になりますので、

なるべく使わない方が良いです。また、タオル

で肌をゴシゴシこすってもいけません。

 

  • 保水・保湿

日焼け後の肌はとても乾燥しやすいです。

肌が赤くなるなど軽度の日焼けなら、化粧水を

たっぷり使用して保水した後に、乳液などで

保湿をします。

 

ですが、

水ぶくれなど重度の日焼けには、美容成分が

逆に刺激になる可能性があります。

 

なるべく肌に刺激を与えないように、優しくケア

してください。乾燥が気になる時は、白色ワセリン

で肌を保護してあげると良いでしょう。

 

  • 体の内側から水分補給

紫外線でダメージを受けた肌は、水分を失い

やすいです。外側からのケアも大事ですが、

体の内側からもしっかり水分補給してください。

 

アルコールも

水分を排出してしまうので、控えた方が良いです。

 

  • 自己判断せずに病院へ

程度にもよりますが、ひどい水ぶくれの時は

病院で薬を処方してもらいましょう。

自己判断で手持ちの軟膏を塗るのは危険です。

 

ただの日焼けと軽視せずに、日焼けをしたら

早めのケアを心がけてくださいね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.