日焼け止めは飛行機に持ち込める?を紹介!!

投稿日:

 

旅行に行くときも、

日焼け止めは女性の必需品です。

 

特に海外に行く場合、海外で売られている

日焼け止めは肌に合うのかが心配で、使うのを

ためらってしまいますよね。

 

できれば日本で使い慣れている

日焼け止めを使いたい方も多いはずです。

 

でも飛行機を使う場合、日焼け止めは機内に

持って行くことはできるのでしょうか?

 

それでは、飛行機に日焼け止めを持って行く際

の、注意点を見ていきましょう。

SPONSORED LINK

飛行機に持ち込める手荷物

飛行機内

飛行機には重量制限の他に、液体の機内持ち込み

制限があります。

 

スーツケースなどを、チェックインカウンターで

預け荷物にする場合、預け荷物の重量さえ越え

なければ液体の量に制限はありません。

(預け荷物の重量は、航空会社によって異なります。)

 

ですが、手荷物として

液体物を客室内に持ち込みたい場合は注意が必要です。

 

客室内に持ち込める液体物の量

①100ml以内の容器に液体物を入れる。


100mlを超える容器に入った液体は、客室内

への液体の持ち込みは禁止されています。

 

100mlを超える容器に入った液体の場合は、

スーツケースに入れてチェックインカウンターで

預け荷物にすれば問題ありません。

 

②容量1リットル以下、ジッパー付きの

透明プラスチック製の袋に入る液体は、客室内

持ち込みが可能。

(100ml以内の容器に入れた液体)

 

容量1リットル以下のジッパー付きの

透明プラスチック製の袋のサイズの目安は、

縦20センチ×横20センチ以下です。

 

ジップロックなどの袋に100ml以内の容器を

入れて、ジッパーがしまればOKです。

マチ付きの袋は、1リットルの容量を超えて

しまうので使用できません。

 

100mlの考え方

100ml以上の大きな容器に入った、使いかけ

の商品の場合は100mlとみなされません。

 

中身の量ではなく、容器の大きさが100ml以内

である必要があります。

 

 

液体物とは?

機内での液体物

液体物には、”液体”に加え”ジェル類”および

”エアゾール(煙霧質)”が含まれます。

 

日焼け止めには、ローションタイプやスプレー

タイプがありますが、両方とも100mlを越え

なければ機内持ち込みが可能です。

 

ですが、乗り継ぎをする場合の再検査の際に、

海外のルールに従う必要があるため、没収される

可能性があります。

 

できる限りスーツケース等の中に入れて、

預け荷物にしたほうが安全です。

 

※液体物でなく、医薬品扱いの対象物

・目薬

・点鼻薬

・コンタクトレンズの保存液・洗浄液

・ベビーフード・ベビーミルク

 

など、事前申請をすれば機内に必要な量に限り

持ち込むことができます。(事前申請しなければ

液体物扱いとなります。)

 

 

保安検査の後に購入した場合は?

機内に持ち込みできるもの

チェックインカウンターで

搭乗手続きを終えたら、保安検査を行います。

保安検査後の搭乗待合エリア(クリーンエリア)

で購入したものは、100ml以上の液体物でも、

客室内への持ち込みが可能です。

 

※クリーンエリアとは、搭乗する全てのお客様の

持ち物がチェックされた後のエリアを言います。

航空機内と同じ安全が保たれたエリアなので、

購入が可能になります。

 

X線検査を通過する際に、液体物を手荷物とは

別トレーに入れて保安検査を行うとスムーズに

通過することができます。

 

事前にジッパー付きの透明プラスチック製の袋に、

液体を全て入れておくと便利ですよ。

 

 

基本的に日焼け止めは液体物扱いになります

ので、100ml以下の容器であれば客室内へ

持ち込むことができます。

 

基礎化粧品など、日焼け止めの他にも客室内に

液体物を持っていきたい女性は多いと思います。

 

空港であたふたしないよう、必要な量だけを

小さな容器に移し替えるなど、工夫して持って

行くようにしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康, 生活, 百科事典

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.