開襟シャツとは? レディースのおすすめは?コーデ方法も紹介!!

投稿日:

 

開襟シャツは、素材や着方を変えるだけで、

より女性らしく見せてくれるアイテムです。

 

休日のカジュアルスタイルから、オフィス

などフォーマルなシーンまで対応できるので、

一枚は持っておきたいですよね。

 

春夏はもちろんのこと、カーディガンを重ねたり、

シャツの下にタートルネックを入れれば秋冬でも

楽しむことができます。

 

それでは、

女性にオススメの開襟シャツをご紹介します。

SPONSORED LINK

開襟シャツとは?

開襟シャツとは、上着やシャツの襟を開いた状態

で着るデザインのシャツで、”オープンシャツ

とも呼ばれています。

 

シャツの裾は短めで直線的なカットのものが

多く、裾をパンツから出してカジュアルに着る

デザインが多いです。

 

例えば、学生の春夏の制服や、アロハシャツ

などが代表的な開襟シャツのデザインです。

 

仕事でも活躍する開襟シャツ

開襟シャツというと襟は立てず、ゆったりとした

カジュアルなデザインを想像しますが、オフィス

などで着る開襟シャツは、”スキッパーカラー”と

呼ばれるデザインのものが多いです。

 

スキッパカラーとは、首回りがVラインで、

Vラインから襟が広がるような形をさしています。

 

 

おすすめの開襟シャツは?

身幅や袖回りがゆったりとしたデザインの

開襟シャツです。

 

横に広い首回りのVラインが鎖骨を綺麗に

見せてくれ、女性らしいコーディネートに。

デニムと合わせてもカジュアルすぎず、

大人っぽい装いになります。

 

 

同じ黒の開襟シャツに同系色のスカートを

合わせたコーディネート。同系色で統一する

ことでアイラインが強調されてすっきりとした

印象に。

 

さらにシャツの裾をスカートにインすれば、

腰の位置が上がりスタイルアップになります。

 

 

白の開襟シャツとレースのタイトスカートを

合わせたコーディネート。

 

テロンとした素材や、ハリ感があっても

光沢がある素材を選ぶとより上品な印象に

なります。

 

小物を変えるだけで、オフィスからフォーマル

なシーンまで幅広く着ることができます。

 

 

シャツの丈が短めの開襟シャツで、ボタンを

全部開けたカジュアルなコーディネート。

 

ボタンを開ければミニタリージャケット風に、

ボタンを締めればシャツとして着ることもできます。

 

 

襟が後ろに抜かれたデザインの開襟シャツで、

うなじが綺麗に見えるので髪型をアップする

だけでより女性らしくなります。

 

腕周りがゆったりしているので上半身を華奢に

見せてくれます。

 

 

一枚でワンピースとして着ることもできます

が、ボトムにワイドパンツを合わせても素敵な

コーディネート。

 

首回りが広く開いているので、足首まで隠しても

重たくなりません。

 

 

開襟シャツにニットタイトスカートを合わせた

コーディネート。

 

キレイ目なコーディネートに、あえてスニーカー

を合わせてカジュアルダウンしても可愛いですね。

 

 

花柄の開襟シャツでレトロ感を出した

コーディネート。

 

カジュアルなカーキパンツにパンプスを合わせて

女性らしさをプラス。

 

 

透け感のある白のノースリーブシャツが

夏の暑い日でも涼しげな印象に。

 

デニムとバックパックでカジュアルダウンしても、

女性らしさが残ったコーディネートです。

 

 

ゆったりめの開襟シャツとショートパンツを

合わせて、重心を上にしたコーディネート。

 

ショートパンツを合わせると

全体がコンパクトになりスタイルアップに。

 

華奢なサンダルやパンプスを合わせれば、

より脚長効果がアップします。

 

 

ネイビーの開襟シャツとワイドパンツを

合わせてたコーディネート。

 

シャツの裾を前だけボトムスにインして、

全体をバランスよく。

 

 

襟が開襟になった長めのワンピース。

一枚で着ても可愛いですが、スキニーパンツ

やレギンスをプラスした方がバランスがとり

やすいです。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-衣服, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.