敏感肌におすすめな顔の日焼け止めは?を紹介!!

投稿日:

 

屋外にいる時間が長いと日焼けが気になります

が、強い日焼け止めを頻繁に使って肌に負担が

かかっていないかも心配です。

 

特に敏感肌の方

合わない日焼け止めを使用すると、顔が赤く

なったり、痒くなる可能性があります。

 

小さなお子様に使うときも、なるべく体に優しい

成分を選んであげたいですよね。

 

それでは、しっかりと日焼けから肌を守って

くれ、肌にも優しいオススメの日焼け止めを

ご紹介します。

SPONSORED LINK

日焼け止めの種類

日焼け止め薬

日焼け止めの種類には、”紫外線吸収剤”と

紫外線散乱剤”を使った2種類に分けられます。

 

紫外線吸収剤は、皮膚の表面で紫外線を吸収

してから、外に放出して肌の内部まで紫外線が

入るのを防ぎます。

 

紫外線散乱剤は、皮膚の表面で紫外線を、

散乱・反射させて紫外線から肌を守ります。

 

紫外線吸収剤

◎メリット

紫外線を防ぐ力が強く、SPF値の高い製品に

必要な成分です。

 

付け心地も滑らかで、日焼け止めを塗ると

気になる白浮きをする心配がありません。

 

◎デメリット

SPF値が高い分、肌への負担が大きく、肌が赤く

なったり痒くなったりなどの症状がでる場合が

あります。

 

また時間が経過すると化学変化が起きやすく、

紫外線を防ぐ力が弱まるため、こまめに塗り直す

必要があります。

 

紫外線散乱剤

◎メリット

肌への負担が小さいので、敏感肌の方に

オススメです。

化学反応が起きないので効果が長続きし、

UV−A、UV−Bの両方を防いでくれます。

 

◎デメリット

使用感がベタベタしたり、白浮きしやすかったり

など使い心地があまりよくありません。

 

 

日焼け止めの選び方

紫外線対策

SPF・PA

SPFやPAが高いほど肌への負担は大きくなります

ので、日常生活で使うなら、SPF30、PA++ぐらい

が良いでしょう。

 

※SPF(Sun Protection Factor)は、日焼け止め

を塗っていない状態と塗った状態を比べて、

肌が日焼けをするまでの時間が何倍まで伸びるか

を表しています。

 

※PA(Protection grade of UVA)は、UVAを防ぐ

効果を+の多さで表していています。

 

簡単に落とせる日焼け止めを選ぶ

海など長時間強い日差しにあたる場合は、SPF

やPAが高いものの方が紫外線をしっかりと防い

でくれます。

 

ですが、その分専用のクレンジングが必要になる

など、肌への負担も大きくなります。

 

日常的に日焼け止めを使うなら、石鹸や洗顔料

だけで落とせるものがオススメです。

また、お湯だけで落とせる日焼け止めも販売され

ています。

 

添加物が少ないものを選ぶ

健康な肌の方にはなんともない成分でも、

敏感肌の方には刺激となる場合があります。

 

なるべく余分な成分の入っていない、シンプル

な日焼け止めを選びましょう。

 

 

敏感肌にオススメの日焼け止め

 

岡田UVミルクは、香料、着色料、鉱物油、防腐

剤はもちろん、紫外線吸収剤、シリコーン、合成

ポリマーが無添加のUV乳液です。

 

SPF20・PA++と、日常生活に適した防御力です。

化粧下地としても使用することができます。

 

 

パックスナチュロンは、合成界面活性剤・合成

酸化防止剤・防腐剤・合成着色料が一切配合され

ていません。

 

ひまわり油、ホホバオイル、パーム油を原料に

しており、天然ビタミンE、天然ハーブエキス、

緑茶エキスが配合された、植物性の日焼け止めです。

 

 

保湿成分にシアバター5%、ゼラニウム、ローズ

マリー、ユーカリ、レモングラス、シトロネラの

5種類のエッセンシャルオイルが配合されています。

 

紫外線吸収剤は使われておらず、石鹸で落とせる

日焼け止めです。ノンシリコンですが、しっとり

サラサラです。

 

 

ユースキンS UVミルクは、潤い成分”シソの葉

エキス”が配合された、低刺激で肌に優しい日焼け

止めです。

 

紫外線吸収剤が含まれておらず、石鹸だけで

落とすことができ生後3ヶ月の赤ちゃんから

お年寄りの方まで、幅広く使うことができます。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-お肌, 健康

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.