梅雨に体調が悪くなるのはなぜ?原因と対策方法を紹介!!

更新日:

 

春が過ぎて夏に入る前に

皆さんがあまり好きではない時期に

入っていますよね

そう梅雨です。

 

梅雨はジメジメして洗濯物も乾かないし、

蒸し暑くて寝苦しいし良いことないですよね。

 

とは言え、

梅雨があるからこそ開放的な夏がやってくる

とも言えるので、すべての季節で楽しめるのが

本当は一番良いのかもしれません。

 

しかし、単なる不快感だけでなく梅雨時期に

なると体調が悪くなる方もいらっしゃいます。

 

体がだるくなったり眠気がとれない頭痛

がするなど様々な症状が梅雨の時期に重なって

体に現れてくる方は少なくありません。

 

今回は梅雨時期に決まって

体調不良になる方に、その原因と対策方法に

ついて紹介していきます。

SPONSORED LINK

梅雨時期における体調不良

体調不良になる

梅雨に入ると気圧が下がり、人間の神経部分に

色んな影響をおよぼすと言われています。

 

雨の日は何だか気分もすぐれませんよね。

気圧が低くなる事で、人間の体内で神経や脳や

血管などがいつもと違う働きをして、

 

その影響で体のだるさや節々の痛みなど様々

な症状が現れてきます。

 

このように体調がすぐれない人が多くなる梅雨

ですが、梅雨に関係する体調の悪化について

どのような症状が考えられるのでしょうか?

 

片頭痛

梅雨時期に頭痛がひどくなる人が多くいますよね。

梅雨時期の偏頭痛は、気圧が低くなる事で脳内

の血管が膨張し周囲の神経を圧迫することで起

こります。

 

特に三叉神経と呼ばれる神経を圧迫されると

吐き気やめまいが生じて、日常生活に支障を

きたすほどの症状になってきます。

 

肩こり

前述とは逆に気圧の変化によって血管を収縮させ

て、老廃物が溜まることで周囲の神経を刺激して

しまうことがあります。

 

これが肩こりや節々の痛みになり、緊張性頭痛

と呼ばれる偏頭痛とは違う痛みの頭痛を伴うこと

も少なくありません。

 

これは気圧の変化によって刺激される神経が

交感神経か副交感神経かによって違いが出て

きます。

 

気分が落ち込む

梅雨が続くことによって気分的にも落ち込ん

で、ひどい場合うつ病にまで発展することも

少なくありません。

 

セロトニンとは

人は日光を浴びることで、精神安定や意欲向上

の作用をもたらすセロトニンという脳内物質が

合成されます。

 

梅雨が続くことで

日光を浴びる機会が減ることで、セロトニンが

脳内から減少するので精神的にも不安定な状態

になりやすいと言えるでしょう。

 

またセロトニンは夜になると

メラトニンに変化し、睡眠を良くする働きを

します。

 

逆にセロトニンの減少で睡眠障害も起こりうる

という事が伺えますよね。天気が変わるだけで、

人間の精神状態にも関わってくるとは驚きです。

 

 

体調不良の対策方法

梅雨時期には気圧の変化により人体への

さまざまな影響があることが分かりました。

 

では、それらの症状に対して

どのような対策方法があるのでしょうか?

 

慢性的に悩まされる人は

薬に頼りすぎるのも良くないですよね。

 

症状に合わせて今からでも出来る対策方法

いくつか紹介してきましょう。

 

また、対策方法についてこちらの動画でも

紹介されています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

梅雨時の体調不良精神不安から抜け出す意外な方法

 

偏頭痛

体調不良による偏頭痛の場合は、血管の膨張

を抑える対策が必要です。

 

頭痛への対処法としてどうしても頭痛薬に

頼ってしまう方が多くいますが、乱用する

事で逆に悪化したり効きが悪くなったり

してきます。

 

このことから、偏頭痛には血管の膨張を抑える

為に冷やしてあげることが一番有効的な手段

言えますね。

 

肩こり

肩こりや関節痛は血管に老廃物が溜まること

で起こってくる症状で、偏頭痛とは逆に血管が

収縮している状態です。

 

なので対策方法としては温めて緊張を緩和

させてあげると症状が和らいできますよ。

 

気分が落ち込む

気分的に優れないのは脳内物質のセロトニン

が不足している事が原因とされているので、

 

セロトニンがたくさん出せるような状態にして

あげることが有効的な手段となります。

 

セロトニンは日光により合成される物質ですが、

梅雨時期にはそれが物理的に無理ですよね。

 

セロトニンは食事をよく噛んだり、人とスキン

シップをしたり、バナナや大豆・お肉などを

摂取することで合成されます。

 

このように梅雨時期には、日光以外の方法で

セロトニンを増やすことがポイントです。

 

 

根本的な対策

診察

毎年、梅雨時期になると決まって体調不良に

なる方は一度病院へ行ってみるのも良いでしょう。

 

例えば

偏頭痛の場合だと、対処法として頭痛薬を

飲み続けても根本的な解決にはなりません。

 

それよりも気圧の変化により影響を受けない

体質にすることが大切なので、血管の状態を

正常にするような治療をした方が有効的と

言えます。

 

病院でそういった薬を処方してもらうことで、

徐々に気圧の影響を受けにくい体に変化していく

ので、来年から健やかな梅雨を過ごせるように

行動してみても良いのではないでしょうか?

 

梅雨の関連記事

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-生活, 百科事典

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.