夏に涼しいカーディガンをお探しの方必見!!おすすめを紹介!!

投稿日:

 

エアコンの効いた室内や日焼け対策に、

夏でもカーディガンは女性の必須アイテムです。

 

素材の選び方で涼しさが違ってきますし、

たくさん汗をかく季節ですので洗濯のしやすさ

も重要です。

 

それでは、夏でも快適に着ることができる

オススメの夏素材のカーディガンをご紹介します。

SPONSORED LINK

夏に使われる繊維の特徴

素材(糸)

  • コットン(綿)

肌触りがよく、吸水性、吸湿性に優れています。

その反面、速乾性がないので汗をかくとジメジメ、

ベタベタとした不快感があります。

 

縮みやすい素材なので、洗濯時は自然乾燥か

乾燥機を使うなら時間は短めが良いです。

 

  • インド綿

綿素材の中でも涼しいのがインド綿です。

吸水性、発汗性に優れていて、薄手で軽く

風通しが良いので肌にまとわりつきません。

リネンほどシワにならない繊維です。

 

  • リネン(麻)

肌触りがよく、吸湿性、速乾性に優れています。

通気性がいいので、汗を吸ってもすぐに乾いて

くれ、肌にまとわりつかないので夏に向いている

素材です。

 

雑菌の繁殖を抑制してくれるので、気になる臭い

やカビの発生も抑えてくれます。

 

シワになりやすい素材ですが、洗うほどに素材は

柔らかくなり、白いリネンは更に白さが増すので

一流ホテルでもよく使用されています。

 

  • シルク

シルクは蚕の繭から作られた繊維で、

天然繊維の中でもっとも細く長い繊維です。

 

吸水性、保湿性、放湿性、保温性に優れていて、

夏は熱や湿気がこもらず、冬は保温してくれる

万能素材です。

 

縮みやすく、虫がつきやすいので、お手入れが

難しく保管時には注意が必要です。

シルク

 

  • ポリエステル

速乾性があり、汗をかいても繊維が体に

まとわりつかないので、スポーツなどの大量の

汗をかく場面に向いています。

 

シワになりにくく強く丈夫な繊維ですので、

お手入れが簡単です。

静電気と毛玉ができやすい繊維です。

 

  • モダール(レーヨン)

植物から作られた素材で、レーヨンと似ています

が、レーヨンより水洗いに強い素材です。

手触りが滑らかで、吸水性、発汗性に優れています。

 

  • リヨセル・テンセル

ユーカリを原料とした人工繊維で、吸湿性、

速乾性に優れています。

 

強度があり、洗濯による縮みが少ない繊維です。

肌触りがよく、トロンとした落ち感と光沢感が

特徴です。

 

 

夏にオススメのカーディガン

 

UV対策された、涼しくてさらりと羽織れる

ロングカーディガンです。

首から流れるドレープが縦線効果をUP、体を

すっきりと華奢に見せてくれます。

 

ドロップショルダーが女性的な印象に、長めの

袖リブが手首も華奢に見せてくれます。

 

適度な厚みと涼しげな透け感のある麻混素材が、

暑い夏の日でもさらりと着用することができる

カーディガンです。

 

 

プレミアムリネン100%の半袖Vネック

カーディガンです。

 

肩の切り替え部分が肩より内側に入っていて、

袖はラグランスリーブなので、ビッグシルエット

でも上半身を華奢に見せてくれるデザインです。

 

 

コーディネートを選ばない、深めのVネック

シャープな印象のロングカーディガンです。

少し光沢のあるアクリル×レーヨン混紡ニット

素材です。

ボタンも生地のカラーに合わせて、統一感UP。

 

 

女性らしい優しいラインで、透け感が涼しげな

ボレロカーディガンです。

 

ゆったりとしたドルマンスリーブで、体をふん

わりと包み込んでくれます。生地には凹凸がある

スラブニットが採用されていて、洗濯機で洗えて

お手入れも簡単です。

 

 

洗いをかけてくったりと馴染んだ、リネン混

ベア天竺素材のカーディガンです。さらっと

気持ちのいい肌触りで、とても優しい着心地

です。

 

ナチュラルな風合いで、色々なコーディネートに

合うカーディガンです。

 

同じ繊維でも生地の織り方や厚みで、感じる

暑さは変わってきます。

 

繊維によってメリット・デメリットががある

ので、それぞれの良い所がうまく合わさった

夏のカーディガンを選んでくださいね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-衣服, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.