キャンプで持って行くベンチにお悩みの方必見!!おすすめを紹介!!

投稿日:

 

2人で座ることができる、アウトドア用

ベンチがあるのをご存知ですか?

 

一人掛け用のチェアーもいいですが、より

ゆったりとくつろぐことができるベンチタイプ

もオススメです。

 

ベンチタイプでもかさばらず、コンパクトに

持ち運びや収納ができるので、キャンプ以外

にも運動会やお庭でのBBQなど様々な場面で

使用することができますよ。

 

それではキャンプに持っていきたい、オススメ

のベンチをご紹介します。

SPONSORED LINK

キャンプにオススメのベンチ

 

ロゴスの2人掛けロースタイルチェアーです。

軽量なアルミフレームと、錆に強いステンレス

パーツを採用、木製のアームレスト付きなので

ゆったりとくつろぐことができます。

 

別売りの専用チェアカバーを取り付ければ、

さらに快適な座り心地になりますよ。

サイズ:112×59×72cm

重さ:5kg

 

 

ベンチの下に50Lの大容量収納が可能な、DOD

(ドッペルギャンガー)のストレージベンチです。

 

置き場所に困ってしまう手荷物や、キャンプ

アイテムをスッキリと収納することができます。

 

2層のクッション入りシートと、座面は38cm

のワイド仕様で、より快適な座り心地を実現して

います。

サイズ:幅1150×奥行380×高さ420mm

重さ:4.1kg

 

 

ソファーが車内で棚になる、DOD(ドッペル

ギャンガー)のグッドラックソファーです。

 

背面部の生地を取り外して車内に入れることで、

ソファーを棚として使用することができます。

(車の荷室サイズによります。)

 

座面下と座面上の2段収納ができるので、

クーラボックスやコンテナなど荷物の一番下に

なりがちな荷物の出し入れもスムーズに行えます。

 

綿入りのクッションカバーは丸洗いできるので、

いつも清潔に使用できます。(クッションカバー

無しでの使用も可能。)

ソファーを使用しないときは折りたたんで収納

も可能です。

 

 

シーンに合わせて、ソファー、コット、チェア、

ラックに変化する、スノーピークのマルチファニ

チャーです。

 

3つのベースユニットを接続するとソファーや

コットに、独立させるとチェアやテーブルに変化

します。

 

脚部はボードの裏側にフラットに収まるので、

車内でもスマートに収納できます。

 

背もたれをトップボードに差し込んで固定する

際、105度と115度に角度調節も可能です。

 

 

シート生地の着せ替えが可能な、キャプテン

スタッグのCSブラックラベル アルミ背付き

ベンチです。

 

骨組みにアルミニウムを使用しているので、

軽量で丈夫なベンチです。使わないときは

折りたたんでコンパクトに収納が可能です。

サイズ:幅1040×奥行560×高さ665mm

重さ:4kg

 

 

ゆったりとした座面サイズの、コールマンの

リラックスフォールディングベンチです。

 

安定感のあるフレーム構造と、肌触りの良い

ウッドアームレストが採用されています。

使用時に安定感が増すフレームロック付きです。

サイズ:108×58×67cm

重さ:3.8kg

 

 

収束型コンパクト収納の、アルパインデザイン

のアクションチェアーです。

 

アームレストにドリンクホルダーがついている

ので、ゆったりと座りながらキャンプを楽しむ

ことができます。持ち運びに便利な収納ケース付

きです。

サイズ:133×53×85cm

重さ:5kg

 

 

丈夫なスチール製で荷物置き場にもなる、

ロゴスのスプレッドベンチです。

 

フレームを広げるだけなので設営がとても簡単

収納時はフレーム1本分の隙間があれば収納で

きます。

サイズ:幅101×奥行32×高さ34cm

重さ:2.5kg

 

チェア

カップルで一緒に座ったり、座面が低いタイプ

が多いので小さなお子様でも座りやすいベンチ

が多いです。

 

一人掛けのチェアーをすでに持っているなら、

次の購入はベンチタイプを選んでみてはいかが

でしょうか。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-キャンプ, 旅行・おでかけ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.