キャンプで持って行くガスコンロにお悩みの方必見!!おすすめを紹介!!

投稿日:

 

キャンプでは、焚き火よりも火加減の調整が

簡単なガスコンロがあると便利です。

 

シングルバーナー、ツーバーナーと、

火口も1つか2つで選ぶことができ、1台あれば

アウトドア料理の幅を広げることができます。

 

アウトドアで本格調理を楽しみたいなら、

ぜひ持って行きたいアイテムです。

 

特にツーバーナーなら、シングルバーナーより

も安定感があり、大人数のキャンプの調理でも

大活躍してくれますよ。

 

それでは、キャンプに持っていきたいオススメの

ガスコンロをご紹介します。

SPONSORED LINK

ガス燃料の種類

ガスコンロ

コンロの燃料にはホワイトガソリンLPガス

ありますが、今回は取り扱いが簡単なLPガスを

ご紹介します。

 

LPガスは液体化したガスのことで、家庭用の

ガスコンロと同じ要領で点火や火力の調節が

可能です。

 

軽量で持ち運びも楽なので、女性だけのキャンプ

でも無理せず持って行くことができます。

 

ガス缶をセットするだけで簡単に使用できるので、

キャンプ場に着いたらすぐに調理に取り掛かる

ことができるのもポイントです。

 

ご注意!

外気の温度が低いとガス缶が冷えてしまい、

火力が落ちてしまうので冬のキャンプには不向き

ですが、利便性を考えるとLPガスがオススメです。

 

 

ガス缶の違い

バーベキュー

LPガスには”CB缶”と”OD缶”があります。

 

各メーカーで専用のガス缶を推奨しているので、

ランタンやシングルバーナーなど他のアイテムの

燃料と統一することで、持ち物自体減らすことが

でき使い回しも可能です。

 

  • CB缶(Cassette Bombe缶)

家庭用ガスコンロにも用いられている形で、

量販店やスーパーなど手に入りやすく低価格です。

 

外気温が下がると火力が落ちてしまうので、

冬場の使用には向いていません。

 

  • OD缶(Out Door缶)

アウトドア専用なので火力が強く、外気の温度

に関係なく使うことができます。

アウトドアショップなど購入場所が限られるので

価格は高めです。

 

 

オススメのツーバーナーガスコンロ

 

軽量でハイパワーなユニフレーム ツイン

バーナー US-1900です。

 

汁受けは汚れに強く衛生的なステンレス製で、

前方に傾斜しているので汚れが手前に集まり、

綺麗に拭き取ることができます。

 

お玉などを引っ掛けるハンドルや、大きな鍋を

使用する時に取り外し可能な蓋など、調理の

しやすさを考えたツインバーナーです。

 

サイズ:(収納時)54×32.5×11.5cm、

(使用時)54×32.5×29cm

重さ:3.9kg

 

 

 

軽量薄型なのに高火力な、コールマン パワー

ハウスLPツーバーナーストーブです。

 

ボタン一つで簡単に点火、つまみを回せば火力

調整も可能なので、手軽にアウトドア調理を

楽しめます。

 

耐風性に優れ、最高時は約3500kcal/h×2と

高火力です。

 

サイズ:(収納時)54×32.5×7cm、

(使用時)64×32.5×52cm

重さ:4.2kg

 

 

 

ワンアクションで点火が可能な、SOTO ハイパワー

ツーバーナー ST-525です。

 

2本のボンベから同時に各バーナーへガスを供給

する”ガスシンクロナスシステム”を採用している

ので、長時間の使用でも安全で安定した火力を

キープできます。

 

サイズ:(収納時)幅550×奥行340×高

90mm、(使用時)幅550×奥行340×高

さ550mm、重さ:5.1kg

 

 

 

ガスやガス管の特性を徹底的に検証した、スノー

ピークのギガパワーツーバーナー GS-230です。

 

ガスカートリッジを倒立させて取り付ける方法

をにより、ガスは液体のまま導管に送り込まれ

ます。

 

カートリッジが冷やされることなく安定供給し、

カートリッジが空になるまで燃焼し続けることが

可能です。

 

サイズ:(収納時)500×110×360mm、

(使用時)563×514×383mm

重さ:7.3kg

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-キャンプ, 旅行・おでかけ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.