148cmで体重の標準と理想は何kg?女性編を紹介!!

投稿日:

 

BMI法という

体重の計算方法を知っていますか?

 

BMIは国際基準で決まっていて、体格を

相対評価した肥満を数値化したものです。

 

外国人と日本人では体格や生活習慣が違う

のため、日本人は男性が22.0、女性が

21.0と決められています。

 

BMI法で計算した、

148cmの女性の理想の体重を見ていきましょう。

SPONSORED LINK

体重は目安です!体重よりも大事なこと

ジョギングする女性

BMI値は、身長に見合った体重の目安には

なりますが、BMI値よりも体重が重たいから

といって無理なダイエットは禁物です。

 

日常的にスポーツや筋トレなどをして

いれば、BMI値よりも体重が重たくなる

可能性があります。

 

筋肉は脂肪よりも重たいので、筋肉量が

多ければ体重は重たくなります。

 

ダイエット目的でスポーツジムに

通い始めたら体重が増えた経験はありませんか?

これは太ったのではなく、脂肪が減った代わり

に、筋肉が増えた証拠です!

 

脂肪が燃えて筋肉が増えれば、太りにくい体

に生まれ変わります。

 

一番してはいけないダイエットは、食事制限だけのダイエット

体重だけ見れば、明らかに減りますが、

ここで減るのはまず筋肉です。

食事制限をやめた途端にリバウンドして

しまっては意味がないですよね。

 

食生活と運動のバランスは、理想の体重を

キープするためにとっても大事ですよ。

 

 

BMI値で計算してみよう

グラフ

実際にBMI値を使って

自分の体重を計算して見ましょう。

 

  • BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

BMI値を数字で示すと以下のようになります。

・標準体重 BMI 22

・理想体重 BMI 21

・美容体重 BMI 20

・モデル体重 BMI 18

 

あなたのBMI値はいくつでしたか?

基準となる日本人の数値は、

男性が22.0、女性が21.0でしたよね。

 

この基準となる

女性の数値、21.0は決して太っていません。

ですが見た目はややぽっちゃり気味の女性が

多いので、”美容体重”の20.0を目指す女性

が多いですね。

 

なぜ”美容体重”が女性に人気かというと、

洋服をおしゃれに着こなせるからと言われて

います。

 

 

女性の148cmで体重の標準と理想は?

体重計

BMI値を元に、148cmの女性の体重を

計算して見ましょう。

 

  • 標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

まず、”標準体重”で計算してみましょう。

(148センチの女性なら、48.2kg)

 

”標準体重”はとても健康的な体重です。

見た目はややぽっちゃりかもしれませんが、

病気になる確率が低く、死亡率も低いとされ

ています。

 

筋肉を増やして、引き締まった体を目指せば

”標準体重”でもとてもバランスのとれた体型です。

 

  • 理想体重(kg)=身長(m)×身長(m)×21

 

次に”理想体重”で計算してみましょう。

(148センチの女性なら、46.0kg)

 

程よく体脂肪が付いていて、

”標準体重”よりやや軽い”理想体重”。

 

女性らしい体のラインもキープしつつ

洋服も着こなせるのが”理想体重”です。

 

  • 美容体重(kg)=身長(m)×身長(m)×20

 

次に”美容体重”で計算してみましょう。

(148センチの女性なら、43.8kg)

 

”標準体重”から

約5%落とした体重が”美容体重”です。

女性が憧れる体重がこの”美容体重”です。

 

  • モデル体重(kg)=身長(m)×身長(m)×18

最後に”モデル体重”で計算してみましょう。

(148センチの女性なら、41.0kg)

 

モデルのようなすらっとした体型を目指す

なら”モデル体重”です。ですが、”モデル体重”

は、やせすぎている場合がほとんどなので注意

が必要です。

 

体脂肪は女性の体には必要なものです。

体脂肪が減りすぎると、生理が止まってし

まったり、肌に艶が無くなってしまいます。

 

サラダ

現状の体重との比較になりましたか?

バランスのとれた食事と適度な運動を取り

入れて理想の体型を手に入れてくださいね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ダイエット, 健康, 美容, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.