ニット帽は深くかぶった方がいい?メンズのかぶり方でおすすめを紹介!!

投稿日:

 

寒い冬には必須アイテムの1つ

といっても過言ではないニット帽

 

皆さんは

普段から帽子をかぶっていますか?

 

興味はあるけど帽子をかぶったことが

ない方にも、おすすめのニット帽のかぶり方

を紹介していきます。

 

ニット帽ってツバがなくて、

どっちが前か分からないので、どの方向で

どこまで深くかぶればいいのかも分かりま

せんよね。

 

メンズのニット帽には

いくつかかぶり方のポイントがあるので、

是非参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

まずはニット帽の種類から

 

 

前述のとおりニット帽と聞くと

キャップとは異なり、

つばが付いていない前後がわからない

折り目のついた丸い帽子をイメージする

と思いますが、

 

実はオスロキャップと呼ばれる

つば付きニット帽もあります。

 

あとは正ちゃん帽と呼ばれるビーニーに

ボンボンがついたニット帽がありますが、

このアイテムは若干上級者向けになるので

ニット帽初心者には難しいかもしれません。

 

 

ニット帽のかぶり方の違い

 

 

ニット帽自体の大きさにもよりますが、

基本的に深くかぶると重い印象与えて、

浅めにかぶると軽い印象なります。

 

寒い真冬の防寒対策目的であれば

大き目ニット帽を深く耳が隠れるまで深く

かぶるスタイルが機能的ですが、

 

春夏の季節であればクラウン(頭部)が

浅めのコットン生地のニット帽を浅めに

耳を出してかぶるスタイルが、

ファッション面で有効的と言えます。

 

 

どの位置から深い?

そもそも、浅い深いの定義が

どの位置を表しているのか曖昧ですよね。

頭部のどの位置までかぶるのが最適なのか、

詳しく整理していきましょう。

 

こちらの動画ではニット帽を

浅めにかぶり髪の露出度も高めにしています。

ヘアスタイルが長めでキレイ目な服装には、

非常に参考になるかぶり方です。

 

髪セットしなくてもおしゃれで可愛くなるアイテム

 

これは個人差もあるので一概に言えませんが、

基本的に眉と耳上部の位置で線を引いた時に、

その一直線を境にして上下の幅が同じ位置が

スタンダードな帽子の位置と考えてください。

 

これより上だと浅めで、下だと深めになります。

 

 

深めと浅めのかぶり方の違い

ニット帽のかぶり方
出典元:徒然ピータン
URL:http://h-mahoroba.net/?p=1344

 

では、浅くかぶる場合と深くかぶる場合で

どのように変わってくるのかを整理して紹介

していきます。

 

1つの基本的な基準として

顔を小さく見せたい場合には深くかぶり

そうでない場合に浅くかぶるという選択肢も

あります。

 

顔を小さく見せたいというニット帽の機能面

を目的とする場合には、深めにかぶり、

できれば大き目のニット帽をかぶる方が効果的

です。

 

それ以外の

ファッション面での違いはどうでしょうか?

 

以下の表では分かりやすく、カジュアル系

ちょっとキレイ目なオフィスカジュアル系

分けて、かぶり方によるスタイルの違いを

まとめてみました。

 

浅めにかぶる爽やかな印象を与える春夏のニット帽スタイルにも最適<オフィスカジュアルでは正統派スタイルジャケットにも合う

カジュアル系 オフィスカジュアル系
深めにかぶる ストリート系なイメージに近くなる

ちょいワルなスタイル

厚めのコートには合うが基本的にはNG

胡散臭くなりやすい

 

最近では、ニット帽を浅めにかぶるスタイル

が主流となっています。

 

特にキレイ目スタイルになるほど、ニット帽

のアクセントが強くなってくるので、全体の

バランスに対して非常に重要なアイテムと

なってきます。

 

キレイ目スタイルでは特に浅めにかぶること

に意識して、髪が長い場合は髪の露出度も

あげた方が効果的と言えます。

 

 

クランク(頭部)が浅めのニット帽

 

 

顔の露出度を上げて、爽やかなスタイルで

ニット帽を使いたいが、浅めにかぶる事に

抵抗がある場合、クランク部分が浅めの

ニット帽をオススメします。

 

ニット帽のスタイルの1つとして、

深めクランクのニット帽を浅くかぶり、

頭頂部を余らせて後ろへ倒すスタイルが

ありますが、

 

嫌な方はクランクが浅めのものを深く

かぶるようにしましょう。

もともと深さがないので、きっちり深く

かぶっても顔の露出度がそこまで下がら

ない上に、クランクの余りが少ないので

キレイにまとめることが出来ます。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-帽子, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.