ベージュのプードルコートで知らなきゃ損するコーデは?着こなし方を紹介!!

投稿日:

 

今年トレンドのプードルコート。

見た目がプードルのようにモコモコしていて、

とってもキュートですよね。

 

カラーバリエーションも豊富なので、

黒や紺など暗くなってしまいがちな冬服の色に

変化をつけることができます。

その中でもオススメのカラーはベージュです。

 

ピンクベージュは柔らかくて可愛い

雰囲気になりますし、深みのあるベージュなら

大人っぽい雰囲気にもなります。

 

カジュアルなシーンにも、

ちょっとオシャレをしたい日のコーディネート

にも合うのがベージュです。

 

コーディネイト別に合うプードルコートをご紹介します。

SPONSORED LINK

ベージュのプードルコートでおすすめコーデ

ノーカラーのプードルコートは

シルエットが大人っぽく、カジュアルな

デニムコーデも綺麗目に見せてくれます。

 

ボタンなどのアクセサリー部分も

同系色だとよりシンプルです。

 

プードルコートは

コート自体にボリュームがあるので、

他のアイテムは色味を抑えてシンプルに

まとめれば大人の着こなしになります。

 

長め丈を選べば体型カバーにもいいですね。

 

 

濃いめのピンクベージュのプードルコートは、

カジュアルなお出かけコーデにぴったりです。

 

夏から秋にかけては、

夏服と秋服が合わさるシーズンです。

 

シックな色のプードルコートでは秋色が

強くなってしまいますが、濃いめピンクなら

どちらにも合わせることができますね。

 

 

こちらもピンクベージュの

プードルコートですが、長めのワンピースと

合わせればエレガントな雰囲気になります。

 

シンプルで広がりのないタイトな

シルエットのワンピースが、プードルコートの

甘さと合わさって甘辛な大人コーディネート

なります。

 

秋冬の結婚式に招待されると、アウターに

困ってしまいますよね。

 

プードルコートならエレガントな装いの

シーンでも着ることができます。

 

 

毛足が長いタイプのプードルコートも

チェックのネルシャツやモカシンで

カジュアルダウンすれば、とっても可愛い

ですね。

 

メンズっぽいアイテムも、プードルコート

のモコモコで女性らしさがプラスされます。

 

プードルコートはコート自体に

インパクトがあるので、色の分量は抑えめ

の方がまとまりがいいです。

同系色の茶系と赤の組み合わせも素敵です。

 

 

こちらは、チェックの膝丈スカートと

プードルコートの組み合わせです。

 

レトロな感じとプードルコートのモコモコで

可愛らしさが増しますね。

 

ピンクベージュのプードルコートは甘めなので、

スカートは広がりがあるフレアースカートよりも、

台形スカートなどコンパクトなものが合いますね。

 

 

ショート丈のプードルコートは

バランスが取りやすく

着こなしに自信がない方にオススメです。

 

デニムと合わせてカジュアルにも、

タイトスカートに合わせて上品にも

着ることができます。

 

今年流行のひざ下丈のタイトスカートは、

アウターのバランスを考えるとコンパクトな

ものが合わせやすいです。

 

 

 

プードルコートの丈の選び方

ショート丈、ミドル丈、ロング丈どれを選ぶか

迷いますよね。

 

プードルコートはスキニーデニムクラッシュ

デニムと合わせている方が多いですね。

 

プードルコートの可愛らしさを、

デニムのメンズっぽさやカジュアルさで

バランスをとっています。

 

バギーやボーイフレンドなど、ボトムにも

ボリュームがあるなら、ショート丈かミドル丈。

 

スキニーや台形ミニスカートなどボトムがタイト

なら、ミドル丈かロング丈が合わせやすいのでは

ないでしょうか。

 

 

トレンドものは安く手に入れよう

今期はチープなブランドショップからも

プードルコートはたくさん販売されています。

1000円代の安さのプードルコートも

見つかります。

 

来年も着れるか心配・・・という方は

色々なお店でリサーチしてから、

チープなお店も見に行きましょう!

思わぬ掘り出し物がみつかるかもしれません。

 

手持ちのアイテムと流行を上手に組み合わせて、

秋冬ファッションを楽しみたいですね。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-衣服, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.