腰痛を改善できるマットレスは?選び方を紹介!!

投稿日:

 

腰の痛みって怖いですね。

ぎっくり腰で動けなくなったり、慢性的な

腰痛に悩まされたりしないよう、運動やスト

レッチで腰痛が悪化しないようにすることが

大切ですが、朝起きたときからつらい、とい

う人もいます。

 

そんな人は、寝具に原因があるのかも。

腰痛にお悩みの方のための、腰痛の改善に繋

がるマットレスの選び方をご紹介します。

SPONSORED LINK

まずは腰痛の原因を考えてみましょう

腰痛は

40代以上から自覚する人が増えていきます。

また、女性よりも男性の方が多いと言われて

います。

 

腰痛には次のような原因が考えられます

正しくない姿勢の維持:

人の背骨は緩くS字に湾曲しています。しかし、

前屈みがちな姿勢や直立した姿勢を長時間続け

ていると、腰の筋肉に負担がかかります。

 

正しい姿勢を意識し、時々ストレッチをするな

どして、腰への負担を軽くするよう心がけましょう。

 

過度の運動や動作:

激しいスポーツや、重いものを持ち上げるなど

肉体労働で腰の筋肉を酷使したときにも、

腰痛が起こることがあります。

急に激しいスポーツをすることは避けましょう。

 

筋肉の衰え:

日頃の運動不足加齢により、腰の筋肉が衰え

ている人は、腰にかかる負担が累積して腰痛が

起こりやすくなります。

 

普段から適度な運動を心がけ、筋力アップ・維

持に努めましょう。

 

骨の老化:

女性特有の原因として、骨粗しょう症による圧

迫骨折などにより、腰痛が発生することがあり

ます。

 

閉経後に腰痛がひどくなったという方は、一度

専門医に相談しましょう。

 

内臓疾患によるもの:

肝臓や子宮などの病気が原因の腰痛もあります。

慢性的な腰痛は、迷わずに医師に相談し、必要に

応じて検査を受けましょう。

 

これらに心当たりがある方は、生活習慣の改善と

ともに、必要に応じて医師の診察を受けましょう。

 

参考動画:腰痛の原因と治し方・治療法

 

 

腰痛と睡眠の関係

腰痛と睡眠には、密接な関係があります。

睡眠によって腰痛が改善されることもあれば、

悪化することもあるのです。

 

ポイントは、

快適な睡眠」と、「睡眠の姿勢」にあります。

 

腰痛をやわらげる、快適な睡眠

筋肉には、日中の活動で乳酸や老廃物などが

蓄積します。また、激しい運動を行うと、筋肉

組織が破壊されます。

 

筋肉の回復に不可欠な成長ホルモンは、午後10

時~午前2時の四時間くらいの間に分泌されます。

この時間帯を中心にしっかりと睡眠を取ること

で、筋肉が修復され、疲労が解消します。

 

睡眠中の体温調節も重要です。

人の体温は、睡眠導入時には高めになりますが、

睡眠中は低下します。体温調整がうまくいかな

いと睡眠が浅くなったり、夜中に目が覚めたり

します。

 

さらに、睡眠中にも汗をかきますので、通気性

のある寝具を選ぶことが大切です。

 

実は重要な寝返りと睡眠時の姿勢

人は睡眠中にも身体を動かします。

いわゆる「寝返り」です。実は「寝返り」は、

睡眠中に身体にこもった熱を逃がし、姿勢を

変えることでリンパや血液の循環を促すとい

う大事な役割があります。

 

また、睡眠中に寝返りが打てないと、腰痛の

原因となる「長時間の無理な姿勢」を維持し

ていることになってしまうのです。

 

寝返りは、寝るときの姿勢も影響を受けます。

うつぶせ寝は寝返りが打ちにくい上、腰が強

制的にまっすぐになってしまいます。

このため、うつぶせ寝の人には腰痛持ちが多

いようです。

 

睡眠を腰痛改善に繋げるには、

  • 筋肉が十分に休めること、
  • 通気性のある素材を選ぶこと、
  • 寝返りを妨げないこと、

以上の3点が重要になってきます。

 

この3つのポイントを踏まえながら、

実際にマットレスを探してみましょう。

 

 

腰痛を軽減してくれるマットレスの選び方

筋肉が十分に休めること

身体を横にした姿勢を支えるには、体の下に

敷く布団やマットレスに一定の弾力性が必要

になります。

 

床の堅さを感じるような薄いものだと、筋肉

の緊張が増すだけで、腰痛の悪化に繋がります。

 

また、どんな堅さを「快適」と感じるかは、

筋肉量によって違うとされています。

 

店頭でのサンプルなどで、自分にとって「ここ

ちよい」と感じる堅さを確かめながら選ぶのが

一番ですね。

 

なお、消費者庁は、マットレスの堅さを示す

「ニュートン(N)」という指標を定めていて、

その数値別に、「かため」「ふつう」「やわら

かめ」の表示をするように定めています。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/guide/zakka/zakka_08.html

 

通気性のある素材を選ぶこと

睡眠中の体温変化や発汗を妨げないためにも、

寝具の素材には、通気性が重要です。

 

マットレスの表地には、ポリエステルやアク

リルなどの合成繊維は避けた方がいいでしょう。

 

また、素材の性質上、密閉性が高い表地と縫製

を行うテンピュールもオススメしません。

 

なお、夏場は、吸湿性の高い麻や綿などの素材

や、冷感機能のある敷きパッドを併用するとい

いでしょう。

 

寝返りを妨げないこと

マットレスは横になった時に姿勢を維持すると

同時に、寝返りが楽に打てるものを選びます。

 

最近人気の「人をダメにするソファ」などで使

われている低反発性の素材は、実は姿勢が固定

されやすいため、睡眠には向いていません。

「高反発性」の素材を選びましょう。

 

腰痛改善のためのマットレスを探すキーワード

は、「マットレス 腰痛対策 高反発 通気性」

にあるようです。

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E9%AB%98%E5%8F%8D%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9/508183/tg1003394/

百貨店の寝具コーナーなどでは、マットレスの

体験コーナーを設けているところもあります。

そういったところで実物を実際に見てみること

をオススメします。

 

なお、メーカーや販売店によっては、購入後に

期間限定の返品サービスやサポートサービスを

実施している場合もありますので、そちらも選

定の参考にするといいでしょう。

 

寝具は一度購入すると、買い換えしにくいもの

なので、長いお付き合いになります。

 

自分の身体に合ったものを、じっくりゆっくり

と探しましょう。その際、必要に応じて、腰痛

の専門医のアドバイスを受けることもオススメ

します。

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-生活, 生活用品, 百科事典

Copyright© Japan Treasure Media search , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.