秋冬のバイクで手を寒さから守る防寒グローブ!!

更新日:

寒い時期になるとバイクって

苦痛になるときがありますよね。

 

無理して走っていると手が冷え、痛くなり

最終的にはもげて落ちるんじゃないかとすら感じます。

 

なのでこの時期にこそ準備をしたい、

バイク用のグローブを探しませんか?

 

私は大変冷え性なので、年々研究を重ねています。

その知識が少しでもお役に立てれば良いのですが。

SPONSORED LINK

おすすめの防寒グローブ

image001

まず防寒グローブで一番重要なのは風を遮断できることです。

 

ならゴム手袋でもよいのかな?

と思い、厚手のゴム手袋に中には暖かめの手袋をはめて

バイクに乗ったことがあります。

 

ですがゴム手袋って

自分の手の汗の逃げ場がないんですよね。

最終的にはじんわりを湿った内部が冷え、

体の熱を奪っていきました。

 

やはりきちんとしたグローブでないとダメなのか

と思いしり、次に試したのはスノーボード用のグローブ。

 

毎年雪山に行きますが、一度も寒いと感じたことのない

手袋だったので大丈夫だと思ったんです。

ですがこれも大間違い。

 

バイクで使うとかなり寒いんです。

よく考えてみるとスノーボードは全身運動してますもんね。

バイクと一緒にしてはいけませんでした。

そしてやっと今のところ最上のグローブに出会ったのです。

 

  • PAIR SLOPE のPG-30W サンステートウインターグローブ

このグローブは保温力はもちろんですが、

中で蒸れたりはもちろんしません。

また手首まで長めに作られているので、

ジャケットとグローブの間が寒いということもないんです。

柔らかい牛革なので、グリップを握るときもしなやかに包んでくれます。

 

 

インナータイプのグローブ活用法

image003

外のグローブで風を防ぐので、インナーに求めるのは暖かさですよね。

おすすめしたいのは

 

  • RSタイチ サーモトロンR インナーグローブ

 

蓄熱保温素材のサーモトロンをしようしたインナーグローブ。

サーモトロンとは、太陽光やわずかな体温で

インナーと手の間に熱をためてくれる素材なんです。

このインナーグローブはかなり優秀なので、一度使うと手放せません。

 

またこれでも寒い場合は小さ目のカイロ

インナーグローブとウィンターグローブの手首の間に

あてておくことでかなり暖かく活用することができますよ。

 

 

おすすめの電熱グローブ

image005

電熱グローブは冷え性には力強い味方ですね。

おすすめしたいのは

 

  • RSタイチ RST622 eヒートグローブ

 

今までの電熱グローブはすぐに充電が切れる、

充電が切れた後は普通のグローブよりも寒くなる

というデメリットを抱えていました

 

が、このグローブはその部分が改善されています。

長時間運転可能な電源セットがあるので、

長時間電熱が無いと不安という方はこちらを購入することで、

長い間電熱の恩恵にあずかれます。

 

またウィンターグローブとしても進化しており、

たとえ電熱がなくても暖かいんです。

 

さらに注目なのは2年の保証。

決して安くはない買い物なので、うれしいポイントですよね。

 

少しは参考になりましたか?

自分にとっての最高の防寒具を探して日々研究していきましょう。

冬はバイクに乗らないなんてもったいないですからね!

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-アクセサリー, 身だしなみ

Copyright© Japan Treasure Media search , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.