ピラルクはどんな味?食べ方を紹介!!

更新日:

 

南米のアマゾン川流域に分布するピラルク

体重200㎏、体長2~3mにもなる世界最大の

淡水魚として数えられます。

 

その巨大な体には様々な利用法があり、ピラ

ニアなどから身を守る強靭な鱗は靴ベラに

餌をすり潰す無数の突起が付いた舌はおろし器

、数mにもなる体は食用にと生息地では古く

から原住民により漁が行われてきました。

 

ではピラルクは一体どんな味なんでしょうか。

そこで今回ピラルクの

  • ピラルクが食べられる主な場所
  • 日本でピラルクを食べるには
  • ピラルクのおろし方
  • ピラルクの味
  • ピラルクに似た味の食材

などをご紹介します。

SPONSORED LINK

 

ピラルクが食べられる主な場所

ピラルクはその昔、1匹釣れると1年暮らせる

と言われた程貴重な食糧源として現地の人々

に親しまれてきましたが、

 

近年乱獲による個体数の減少が問題視され

ワシントン条約により保護動物に指定されました。

 

しかし

アマゾン川流域の市場などでは今でもピラルク

が食用として販売されており、祝いの席などで

供される事があります。

 

また、ブラジルのサンパウロ市内にある一部

の日本食レストランや魚料理店でも、ピラル

ク料理が提供されているようです。

ピラルク

 

 

日本でピラルクを食べるには

ワシントン条約により取引を制限されているの

で、ピラルクを日本で気軽に食べる事は出来ません。

 

しかし栃木県にある

なかがわ水遊園では、不定期でピラルクを解体

し食べるイベントが開催されたようです。

 

また養殖に向いている魚という研究結果が発表

され、ブラジルのサンパウロでは日本人がピラ

ルクの養殖に成功しているようです。

 

さらに研究が進み養殖技術が広まれば、日本で

も身近な魚になる日が来るかもしれません。

水槽トンネル

 

 

ピラルクのおろし方

世界最大級の淡水魚であるピラルクのおろし方

をご紹介します。

 

  1. 釣りなどで捕獲した場合、頭の付け根に包丁を
    入れて完全に絶命させ血抜きします。
  2. ピラルクの体に包丁を叩きつけるように当てて
    鱗を剥ぎます。
  3. 鱗を剥いだら、尾ビレ部分に包丁を入れ皮を剥
    ぎます。
  4. 全身の皮を剥いだら、尾ビレ側から包丁で切れ
    込みを入れていきます。
  5. 次に頭側から包丁を入れ、内臓を破らない様に
    3枚におろします。
  6. 頭を切り離したら完了です。

 

肉量が多いので塩漬けにして保存するも良し

切り身にしておすそ分けするも良し、フライ

にして振る舞うも良しですよ。

 

世界最大級淡水魚 ピラルクーを解体する方法 捌き方

 

 

ピラルクの味

川魚は一般的に泥臭いや生臭いなどのイメージ

がありがちですが、ピラルクは驚くほど臭みが

無い白身で悪く言えばあまり印象に残らない程

淡泊な味と言われています。

 

よくタラに例えられ、調理法によっては良くも

悪くも変化するという印象です。

 

しかし現地に赴き、厳しい環境で格闘しながら

釣り上げたピラルクの味は格別だそうですよ。

 

またピラルクの頭は現地でもなかなか市場に

出回らず、その貴重な部分は釣り上げた漁師

が兜焼きにして食べてしまうようです。

 

頭の部分は1番美味しいらしく、脂の乗った身

が舌でとろけるそうです。

魚料理

 

 

ピラルクに似た味の食材

ピラルクは日本では中々味わえないので、似た

味の食材をご紹介します。

  • タラ
  • ヒラメ
  • ニジマス
  • スズキ
  • 鶏胸肉
  • 鶏ささみ肉

 

以上の様にクセのない淡泊な味わいなので、塩コ

ショウでシンプルにソテーしたり、フライにして

ソースで食べたり、ガーリックや香草で風味を付け

て楽しんだりと様々な調理法で食する事が出来ます。

魚料理

 

 

まとめ

  • ✤ 保護動物に指定されているが、現地では今も
    市場で販売されている。
  • ✤ 日本では中々食せないが、栃木県のなかがわ
    水遊園でピラルクを食べるイベントが行われた。
  • ✤ 臭みのない白身で、タラに似た淡泊な味。
  • ✤ 頭は釣り上げた漁師が自分で食べる程美味しい。
  • ✤ タラ、ヒラメ、ニジマス、鮎、スズキ、鶏胸肉、
    鶏ささみ肉に似た味と言われる。
  • ✤ クセのない淡泊な味わいなので、様々な調理法で
    楽しめる。

 

ピラルクの関連記事

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ペット, 生活

Copyright© Japan Treasure Media search , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.